2005年09月30日

鉄じゃない悲しさ。

昼頃に、「スーパーおおぞら」という特急列車に乗って、帯広から実家まで帰ってきました。
正確にいうと、親が南千歳駅まで迎えに来てくれて、アウトレットモールReraでお買い物をしつつ帰ってきた、と言うべきでしょう。
いやぁ。
アウトレットって、安くていいですねぇ。

「スーパーおおぞら」での旅は、峠などの面倒くさいものは全てトンネルで切り抜ける、という力業を使用しているため、非常にトンネルの多い道のりでした。
自分が鉄(鉄道マニアの愛称)だったら、きっと色々と感動することも多いような気がするなぁ、などと思いつつ、ひたすら読書に打ち込んでいました。

やはり、鉄道で旅する機会があれば、鉄道に対する知識の多い方が面白いに決まっています。
例えば、網走から札幌までJRを使うと、遠軽という駅で方向転換があるのです。
文字通り進行方向が変わるため、車内の乗客は、一斉に椅子の向きを変える、という非常に不思議な光景を見たのですが……。
鉄の人だと、どういった反応を示すものか、非常に気になります。

自分がこんなに鉄に興味を示すのは、もちろん『月館の殺人』が原因な訳で(^_^;)
改めて、綾辻氏と佐々木倫子さんの偉大さを感じてしまいました。
ああ、早く続きが読みたい……。
posted by ayako at 00:00 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月29日

ラリージャパン2005 前夜祭

去年から十勝地方で開催されている、ラリージャパンの前夜祭が帯広で行われるというので、せっかくだから見に行ってきました。
もう、JR帯広駅前から伸びた通り沿いに提灯が並び、雰囲気はすっかりお祭りでしたよ。
その道を、レースに出場する車が一台ずつ通っていく、というのが主なセレモニーです。
この写真は、どこの誰が運転している何という車か忘れましたが、私が一生懸命撮ったものです。
たぶん、三菱ランサーエボリューションだと思われます。

P1000010.JPG

観客は、車が通る道沿いに並んで、間近に走る様子を見ることができます。
人口の絶対数が少ないので、そんなに早く行って場所取りしなくても、最前列が確保できました。
一生懸命旗を振ったり、身を乗り出したりしていると、たまにドライバーさんが近くに寄ってきて、のばした手にタッチしてくれたりするのです。
私の隣にいたお兄ちゃんは、それに多大なる情熱を注いでいたらしく、派手に騒いで何人かのドライバーさんを誘致してくれたので、私もおこぼれにあずかることができました。
後になって、自分がラリーについて無知であり、有名なドライバーさんの名前すら分からないことに思い至りました。
私は、どんなに有名なドライバーさんにタッチしてもらっても、その価値が分からない、罰当たりな人間です。
もっとラリー好きな人に、私のタッチを譲ってあげたかったです。
しかも、あるドライバーさんなんて、何故かステッカーをくれたし。
あれは、一体何のステッカーなのかすら、私には分かりません。
そんな感じで、謎だらけのラリージャパンでした。
posted by ayako at 00:00 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月28日

ドッグカフェ

小鉄をつれて、ドッグカフェに行って来ました。
そこには、オーナーさんの犬も沢山いて、なかなか楽しい所でしたよ。
特に、コマちゃんという、パピヨンの♂(5ヶ月)が、めちゃめちゃ小さいのです。
もう、6ヶ月の小鉄よりも一回り以上小さくて、手乗りサイズなのです。
ハムスターとかがよく入れられているかごに入ってしまうのです。
彼がとっても可愛くて、じっと見入ってしまいました。
他にも、妙にジャンプ力のあるトイ・プードルとか、甘えん坊さんのチワワとか、面白い子が多かったです。

でも、小鉄は、しじみと違い、他の犬と仲良くできない子みたいですね……。
せっかく友好的な犬がやってきても、びくびくしながら逃げてしまいます。そうして、隅に行って1人で色々と匂いをかいでいるのが好きなようです。
叔母が「暗い子ねぇ」と溜息をついていました。

P1000011.JPG

写真は、小鉄がお気に入りの場所で休んでいる様子を撮影したものです。
クッションとクッションの間が落ち着くらしいです。
やっぱり、暗い子だ……。
posted by ayako at 00:00 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月27日

携帯初投稿!

パソコンを立ち上げるのが面倒になったので、携帯から投稿してみることにしました。

現在、帯広です。

叔母の家に滞在中、ということは、当然に小さな怪獣(小鉄・チワワ・六ヶ月)がいる訳で…。
もう、何度も襲撃されました。体に穴が開きそうな予感。無事に帰れるかどうか、心配です(-_-;

帯広では、今週末にはラリージャパンという自動車レースが開催されるらしいです。
せっかくなので、その前夜祭を見物してから帰ります。

posted by ayako at 23:43 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月26日

読書の秋。

『GOTH』読み終わりました。
「僕」がとっても素敵です。
最後は、私の読み通りの展開になり、満足満足。
「夜の章」、「僕の章」に別れていて、その順番で読んだのですが(普通はそうするでしょうねぇ……)、全て読み終わると、森野夜(メインキャラ)の人間像がけっこう修正されました。

そして、今日は特に用事もなく、かなり前のバイト代が入ったので、友人お勧めの漫画喫茶へ行ってみました。
最近の漫画喫茶って、飲み物は美味しいし、店内は明るいし、漫画の種類もたくさんあるし、雑誌もかなりあったし、何だか本当に、純粋に時間を潰す場所って感じですよね〜。
一昔前だと、ちょっとヲタクっぽいイメージがあったのですが、最近はなかなかスタイリッシュなイメージに変わりつつあるようです。
お得な3時間パックというのを選んで、3時間ぶっ通しで漫画を読んできました。
とりあえず、佐々木倫子さんの『Heaven?』を読んで、『キャラリーフェイク』を読んで……。
最後に、『はるか17』を見つけたので、ちらっと読んでみました。


けっこう面白そうです。
原作を見ると、ドラマ(ついこの前まで金曜の夜にやっていた)のキャストはけっこう当たりだったなぁと思いました。
特に、童夢企画の社長!
古田新太さんって、ああいう役をやらせると非常に上手です。やはり、舞台役者さんは演技がうまい……。

駐輪場まで帰る途中に、紀伊国屋があり、思わず寄ってしまいました。
そして、そこでも衝動買い……。
前から読んでいる、高田崇史さんの「千葉千波くんシリーズ」最新刊です(といっても、出たのはけっこう前)。


うっかり古本屋さんでノベルス版を買ってしまったので、このシリーズはノベルスで揃えることにしました。
私は基本的にパズルがあまり好きではありません。
ぴいくんと同じですね。
では、何故このシリーズを買っているのかというと……チョコちゃんに絡まれて困る千波くんが面白いのと、ぴいくんの本名が知りたいからです。
これ、既に分かっている方も多数いるらしいのですが、私はまだ真相に辿り着いていません。
できるだけ自力で頑張りたいですが、そのうち誰かに泣きつくかも知れませんね(笑)


そうそう。
明日から、帯広に遊びに行ってきます。
滞在先にもネットに繋がったパソコンがあるので、普通に更新できると思いますが、もしかすると携帯からの更新となるかも知れません。
携帯更新、まだやったことはないのですが……うまく出来るでしょうか?
どきどき。
posted by ayako at 23:44 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 読書

2005年09月25日

約半年越しの飲み会実現!

ええと、約半年前に、あるメンバーで飲み会を開こうと約束しました。
近いうちに実現する予定が、延びに延びてしまいまして……今日、やっと実現したのです!
ああ、ここに至るまでの道のりは長かったたらーっ(汗)
本当に、一生実現しないかと思いましたよ。

ということで、完全犯罪クラブ+αという豪華メンバーによる飲み会が、すすきので開催されたのです。
1人を除く、全てのメンバーが約束の時間に揃いました。
その遅刻した1人とは、何を隠そう、小次郎さんです(笑)
しかも、結局1時間くらい遅刻しました。
飲み放題がたまたま150分で、良かったですね。
そんな目立つ登場の仕方をしてくれた彼ですが、その後も色々とやって主役をかっさらってくれました。

一通り飲み食いした後、最近誕生日を迎えた方のために、誕生日ケーキを食べることに。
甘い物が苦手という小次郎さんに合わせて、モロゾフのチーズケーキにしたのですが、それでも途中でギブアップ!
他のメンバーは甘い物大好きなので、片付けるのを手伝ってもらっていました。
彼の苦しむ表情が、なかなか素敵でしたよ♪(←S?)

その後、カラオケに移動。
次々と歌を歌うメンバーをよそに、小次郎さんは一曲だけ歌って爆睡。
結局、一時間くらい眠っていたのではないでしょうか。
カラオケボックスで眠るなんて、よっぽど疲れていたようです。
お金、払い損ですよ〜。

しかも彼、解散する時には行方不明になりました。自転車を取りに行くと言い残したまま、忽然と姿を消してしまったのです。
10分後くらいに連絡が来たのですが、大通公園付近にいたらしいですね。
そのまま、尻切れトンボ的に解散となりました。

といった感じで、半年越しの飲み会は幕を閉じたのです。
それにしても、小次郎さん大活躍ですね〜。
最近やっている怪しげなバイトの話も聞かせていただきましたよ。
人間不信になるっす。
世の中って、まじで怖いっすよ……。

そうそう。
友人から乙一を数冊借りました。
『GOTH』と『暗黒童話』と『天帝妖狐』です。
読む本がたくさんある状況って、とっても幸せですね黒ハート
posted by ayako at 23:35 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月24日

足が痛い……(-_-)

今日は、某試験官のバイトのため、朝早くからスーツでお出かけでした。
前回は会場がちょっと遠かったので、移動が大変でしたが、今回の会場はH大構内だったので、自転車でひとっ走りでした。
やはり、近い所はいいです。

無事日程を終えたものの、3人で100人以上の人間のテストを管理するのは、かなりきついっすよ。
大抵のテストでは、10人くらい欠席者が出るはずなのに、今日は定員106人の教室に106人がきちんと詰め込まれてテストを受ける、という素敵な状況だったのです。
もう、問題を配る時と解答用紙を回収する時は、てんやわんやでした。
しかも、教室が広いため、移動距離が大きいし……。
おかげで、足が痛い、痛い。
バイトが終わった後、ちょっと駅まで買い物に行ったのですが、買い物の最中も足が痛くて堪りませんでした。
夕方の駅にて、スーツを着て、不機嫌そう克つ疲れた様子でとぼとぼ歩く怪しい人物を見た方。
それはたぶん私です。


現在、金田一少年の事件簿を鑑賞中。
今夜のドラマは、去年の夏にカムバック連載をした時のものですね。
犯人もトリックも分かっているので、余裕の鑑賞です。

実は、この漫画が目当てでマガジンを買い始めました。
ドラマも、微妙に見ていたのですが……。
何だか、どんどん漫画のハジメちゃんのイメージから俳優さんが遠くなって行きますね〜。
ジャニーズなのは昔から変わりませんが、堂本剛が一番似合っていました。
美雪ちゃん役は、まあまあだと思われます。でも、上野樹里ちゃんもなぁ……何だか健全過ぎて……。
初代剣持警部役の人は、けっこういい感じだったのに、あんな事になってしまい、出演は不可能だし。
ていうか、えなりくんが普通の髪型なのが、一番の違和感です。

それにしても、あれですよ。
初期金田一といえば、美術スタッフが非常に優秀で、死体とか超リアルだったのに……。
今回は全然ダメですね。
血は綺麗な真っ赤じゃないですよ。
それとも、あんまりリアルにするな、というクレームでも来たのでしょうか?

金田一少年の事件簿を見るたび、金田一耕助について考えます。
横溝正史も、あんなにおどろおどろしくなければ、もっと面白いような……でもあっさりタッチだったら、横溝っぽくないような……という作家さんです。
やはり、終戦直後という時代設定が効いているのでしょうねぇ。
京極さんとほぼ同じくらいですか?
『犬神家の一族』も『獄門島』も、戦争さえなければ起こらなかった事件です。
そうえいば、『姑獲鳥』もそうですね。
posted by ayako at 21:57 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月23日

人のこと、言えないじゃん(怒)

昨日のハードな1日がこたえたのか、今日はどうも体調と気分が優れず、一日中引きこもっていました。
まあ、明日はバイトもあることだし、こういう充電日も必要でしょう(←ほぼ毎日充電している、という突っ込みはやめてくださいね)。
最近、鼻がずっと鼻炎気味です。
私的には、理学部の豪華なクーラのせいだと思うのですが……。
ついに花粉症デビュー?
秋に飛ぶ花粉なんて、あるのか?

閑話休題。
この夏、甲子園2連覇以上に話題をかっさらった、駒大苫小牧野球部長の暴力問題でしたが。
京都外大西だって、ばっちり不祥事が発覚しているじゃあないですか!

<野球部不祥事>今夏準優勝の京都外大西校、部員が窃盗

駒大苫小牧は、部員の問題ではありませんでした。
でも、京都外大西は、部員による刑法犯ですよ。警察に通報はされていませんが。
やはり、名門校で叩いても埃が出ないようなチームはないのです(←断言?)
もう、今夏の駒大苫小牧の不祥事が発覚した当時、「京都外大西に優勝旗を」と大騒ぎしていた、某匿名掲示板の住人達に色々と文句を言ってやりたいですよ。
まあ、お互い指導者の処分だけで、秋季大会に出場できたことは、良かったと思いますがね。

そうそう。
駒大苫小牧、地区予選を突破して、全道大会に出場を決めた様子です。
よし、全道でも優勝して、春夏連覇を狙うんだ!!
観客数が多いので、全ての試合を円山球場に固定するらしいです。
さすが甲子園2連覇。
かくいう私めも、秋季大会の初試合は見に行ってしまいました。
全道大会も、スケジュールが合えば、行きたいなぁ。


と前向きになったところで……。
東海林さだおさんの『タコの丸かじり』でも読みながら、今夜は眠ることにいたしましょう。
いや、「丸かじり」シリーズ、本当に面白いんですよ。
「機内食はブロイラー」というくだりを読んだときは、真夜中なのに大爆笑してしまいました。だって、お腹一杯なにわとりさんが機内食を食べている図まで付いているのですよ!(←気になる人は、『昼メシの丸かじり』を読みましょう)
気分が重いときは、軽く読めるエッセイが一番です。
”笑う哲学者”土屋賢治さんの本も非常に面白いのですが、食いしん坊というか、食べ物関係の読み物が好きな私には、こちらの方がいいですね。
添えられている絵も、シュールで好きです。
posted by ayako at 23:42 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月22日

動物の魅力は見せ方にあり(施設見学2)

刑務所見学の後は、日本一入場者数が多いという、某動物園に行きました。
ここは、動物たちをそれぞれの生態に合わせて展示する、という独創的な方法で、すっかり話題をかっさらっているので、きっと皆様もご存じでしょう。

着いて早々、ペンギン館に向かいました。
微妙に混んでいますが、許容範囲です。
友人と「ペンペン、ペンペン♪」と歌いつつ、ペンギンを下から見上げることができるトンネルで適当に撮った写真が下のやつです。
実はベストショットでした。

penpen.jpg

その後、もぐもぐタイム(動物にご飯をあげる時間)を狙いつつ、オラウータンの空中散歩とか、クモ猿・カピバラ館とか、しろくま館とか、あざらし館などを渡り歩き、おいしい所は全て見尽くしてきましたとも。

あの有名なシロクマと同じ視点に立てるドームは、子供用の方が近くて見やすいです。
ただし、入り口が狭いので大柄な人にはお勧めできません。
アザラシは、何回も何回も例のチューブ(?)を通ってくれるようです。
辛抱強く待っていれば、きっと良い写真が撮れるでしょう。ちなみに私は、短時間(1分くらい)のうちに3枚もまともな写真が撮れました。
ヒョウのお腹を網越しに見上げられるもうじゅう館でも、ちょっと待っていれば必ず網に上がってくれるようです。
私も、ばっちりヒョウのお腹を見ることができました。立派な毛皮です。コートみたいです。
しかし、突然の放尿には気を付けましょうね。

そんなこんなで、あっという間の1日でした。
ちなみに、帰りにはちゃっかりとラーメン村に寄って、旭川ラーメンを食べてきましたよ。

満足、満足。
posted by ayako at 23:33 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

刑務所帰り(施設見学1)

刑務所帰りになってしまったayakoです、今晩は。
これ、ネタでも何でもありません。
本当に、北の大地にある、重犯罪者が多数収容されている旭川刑務所の塀の中に入ってしまったのです。
いや、まじで怖かったっすよ……。

本日はゼミの施設見学。
去年は札幌刑務所に行きましたが、今年の行く先は旭川刑務所になりました。
最初にパワポなどで説明を受けた後、早速囚人が収容されている刑務所の中へ入りました。
2度目ではありますが、今回は殺人・強盗などの重大な犯罪を犯し、刑期が8年以上という立派な方が多数収容されている男性用刑務所。
去年の女性刑務所とは全然雰囲気が違います。
ていうか、てっきり女性陣は刑務所の中を見せてもらえないかと思ったのですが、普通に入れて、ほっと致しました。
さて。
気になる刑務所内(俗に言う塀の中)です。
私ごときが一度案内して貰ったくらいでは全然分からないくらい、複雑な構造でした。
脱走者が出たら困るし、当たり前です。
刑務官の方の説明を聞きつつ、雑居房、独居房、工場、浴室などを巡ります。
もう、きちんと2列になって行進しつつ、前後を刑務官に挟まれている、という厳戒態勢でした。
その割に、工場では手を伸ばせば囚人に触れるくらい、近くに立ったせてもらったりぴかぴか(新しい)
刑事被告人は裁判の傍聴で何人も見ていますが、あんなに近くで囚人を見たのは初めてでしたよ。
中には、囚人と目が合ってしまった人もいたそうです。
殺人犯だったら、何だか怖いです。
私は、顔を覚えられて出所後にお礼参りをされても困るので、顔は伏せて目だけでキョロキョロしていました。

独居房を見せてもらっている最中、ゼミ生の1人が、使用中の独居房に入って鍵をかけてもらう、というサービスもあったりして、とっても和やかな雰囲気の刑務所参観でした。
その理由は、最後に明らかになったのですが……。
けっこう笑えます。
続きを読む
posted by ayako at 23:16 | 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | 刑法

2005年09月21日

日本語は美しい。

今夜は、本屋で買ってきたマニアックな本(田中啓文さん、すまぬ)を読みつつ、タモリのジャポニカロゴスを見ていました。

いや〜、面白いっすね。

ジャポニカロゴスといえば、毎回、新明解辞典の紹介を楽しみにしているのです。
今回は、用例で「冒険をおかす」から「雪山で遭難」し、「奇跡が起きない限り、生存の可能性はない」というように、はらはらドキドキの雪山遭難物語が出来ているところが紹介されていました。
見つけた人も凄いけど、書いた主幹の山田先生のセンスが素敵すぎます。
ちなみに、私が一番うけたのは「1週間を3千円で乗り切る」という用例でした。実感がこもっていますよね〜。

あと、綺麗な日本語として、「紅葉を散らす」、「秋風が立つ」というのが紹介されていました。
前者は頬を染める様、後者は(恋愛関係にある男or女の)気持が遠ざかる、醒める様を表しているのだとか。
こういう、婉曲な表現って、日本語の特徴です。
色の表現も豊かだし、日本語はとっても綺麗な言葉だとは思うのですが、理解できる人間が少なく、普遍性がないのが欠点ですよね。
私は、「後朝の文」なんて、素敵な言葉(?)だと思うのですが。
そんな物を貰う人間になってみたいものですよ(涙)。


さて。
バイトの説明会やら、ゼミの施設見学やらがあるので、久しぶりに札幌にやって来ました。
1人暮らしって、気ままで良いです。
明日は早起きなので、久しぶりに分割睡眠を試みました。
現在、一時睡眠から目覚めた所です。
実家にいる間にちょっと太ってしまったので、ダイエットをしなければならないのですが、気持ちよく入眠するためにはお酒を飲みたいし……。
ていうか、睡眠をお酒に頼っている(というほど依存度は高くないのですが)人間って、何だか危なそうですねたらーっ(汗)
posted by ayako at 00:00 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月20日

愛・地球博。

もうすぐ終わりですね。
私は結局、行かずに終わりそうです。
愛知県……憧れの地は、遠いっす。

で、そんな愛・地球博に、有終の美を飾るホットな話題が舞い込んできた模様です。
愛知万博マスコットの偽物登場 口コミで広がる

オリジナルのモリゾー&キッコロの顔を入れ替えただけのやつなのですが、これがけっこう可愛いのです。
特に、とぼけた顔のキリゾーはいい感じです。
作者は不明、とのことですが、こういう素敵センスは大切にして欲しいですね。
ていうか、これって、知的財産権には抵触しないのでしょうか……?
知財は全くの初心者なので、全然分からないっす。

今夜は、おにぎりあたためますかという某ローカル深夜番組を見ていました。
番組でコンビニメニューを開発したりするのですが、最近は新メニュー開発のために、九州グルメツアーをやっているのです。
何だか、九州に行ってみたくなりました。
何を隠そう、私、日本国内の最南端記録が大阪・京都なのです(どちらの方が南か分からない……)。
沖縄にも行ってみたいですね〜。
最近寒くなってきたので、南に対する憧れが強くなってきたようです。
posted by ayako at 00:00 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月19日

困ったときにはこれ。

今日は、久しぶりに本屋さんに迷惑をかけに行きました(←つまり立ち読み)。
おかげさまで、すっかり腰や肩や腕が痛いです。
無理な立ち読みができなくなってきたところに、年を感じる今日この頃です。
立ち読みしまくって何も買わないのもお気の毒なので、古本屋で100円の小説を買ってきました。
松岡圭祐氏の『催眠』シリーズ最新作らしいです。



一時期は彼の『千里眼』シリーズにはまって、図書館で借りて読んでいたのですが、新しい本は入ってこないし、スケールが大きくなりすぎて疲れました。
ある意味、筒井康隆氏の「七瀬シリーズ」に通じる物があるかも知れません(←ディープな例えですみません)。


閑話休題。
実家に帰っているとしょっちゅう陥る、ネタ不足問題が顕在化してきました。
というわけで、社会面記事への突っ込みに逃げたいと思います。

衆院選:堺市議会議長を逮捕 有権者を焼き肉で買収

有権者を焼き肉で買収(笑)
本人としては真剣だったと思いますが、何故か笑えます。
非常におかしいです。
しかも、後援会長と共謀。
焼き肉で共同正犯ですよ、奥さん!
おじさんが2人、「今度の選挙では○○先生への投票をお願いします」と言いながら、女性に肉を焼いている……。
そのシチュエーションを想像するだけで笑えるのは、私だけでしょうか?

さらに、この事件、冗談では済みません。
場合によっては、連座制適用もあり得るそうです。
つまり、その焼き肉買収によって見事当選(?)した某先生は、今回の当選が無効となり、5年間は被選挙権もなくなる危険性がある、と。
焼き肉で当選無効……。
まだ、お弁当箱に1万円を入れて配った、とかいうのなら、何となく納得できます。
でも、これは間抜けすぎですよね。
posted by ayako at 23:31 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 記事

2005年09月18日

嵐は去った……

やっと、小さな怪獣(小鉄・チワワ・♂六ヶ月)が帰っていきました。
しじみも私もお疲れモードです。
子犬って、元気が良くて可愛いのですが、ちょっと忙しすぎです。
他人の子犬と遊ぶのは楽しいですが、もう一度自分で子犬を育てるのは、ちょっと大変だなぁ、と思う次第です。
でも、チワワ欲しいんですよね〜。
ていうか、抱っこして可愛がることの出来るサイズの犬が欲しいです。
しじみは重くて、長時間抱っこ出来ないのです。
やはり、甘やかして可愛がるのには、座敷犬がいいっす。


怪獣に翻弄されてすっかり忘れていたのですが、今日は中秋の名月だったのですね。

中秋の名月くっきり、残暑の中にも秋の気配

私が小・中学生の頃は、近所からススキを取ってきて、母親に無理矢理団子を作ってもらい、お月見をしたものですが。
最近は、全然そんなこともしていないです。
年を取るにつれ、段々と季節感がなくなっている気がします。
いけませんね〜。


今夜は眠いので、この辺で失礼いたします。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月17日

これがちょっと欲しい。

数日前、テレビのニュースで、こんなものが紹介されていました。
写真を探したのですが、こんな記事しか見つかりませんでした。
残念。

宇宙人のような3本足で、内蔵の音楽に合わせて色々と動いたり、i Podなどの音楽プレイヤーを接続すると音楽を再生してくれるらしいです。
それが、動く様子がなかなか可愛かったのですよ。
ていうか、見た目に惚れました。
一瞬、発売されたら買っちゃえ!と思ったほど。

でも、よく考えてみると、あまり必要ないかな、とも思ったり。
まず、そのスピーカの電力を確保するのが大変そうだし(バッテリィ式でも電池式でも面倒くさそう)。
一応、今年のクリスマスプレゼントとして注目を集めているそうです。
もう、親におねだりするほどの年でもありませんしねぇ。
買うとしたら、自分で買うしかないのですが。


民主党、新党首が決定したとか。
ジャニーズ系新代表・前原氏は苦学の元高校球児

永田町の郷ひろみらしいです(笑)
しかも、元高校球児などと言われたら、応援したくなるじゃないですか。
民主党は、順調に世代交代が進んでいるようですね。
一方、自民党は……(溜息)。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月16日

凶笑面

今夜は、こんな番組を見ていました。

金曜エンタテイメント 『凶笑面』

昨日の日記でも言及していますが……北森鴻さん原作の、民俗学ミステリィです。

原作を愛読している私にとっては、色々と突っ込みどころ満載でした。
まず、主演の木村多江さん(蓮丈那智役)ですね。
最初は違和感ありましたが、なかなか素敵でした。ただ、那智先生にしては、ちょっと女っぽすぎたなぁ、というのが正直なところですかね〜。
彼女は、もっと中性的な人だと思うのです。
暗闇で誰かに襲われても、巴投げとかしちゃいそうな感じなんですよ。
ドラマでは、お酒も飲んでいる気配がなかったし……。原作では、めちゃめちゃお酒に強くて、好きなお酒はドライのマティーニなのです。

内藤三国(原作と字が違う!)は、最後まで違和感でした。
何だか、こう……文系の学者の卵っぽい雰囲気がないのですよ。私が普段接しているのは、法学者の卵達なので、学部によっても違うのかな、とは思いますが。
とにかくですね。
何故かな?と首を傾げながら見ていると、あるシーンでやっと分かりました。
事件を捜査している刑事さんと一緒に映っているところだったのですが。
ああ、彼は聞き込みとかさせられている新人刑事っぽいんだ!と。
どうも、ノリというかオーラが体育会系なのですね。
ミクニなら、もっとヘタレがいいです。

西村雅彦の「狐目の事務員」は、最高でした。
嫌味の言い方がいいっす。

もう、原作を読んだのがかなり昔のことなので、ストーリィとかはあまり良く覚えていないのですが……。
やはり、2時間サスペンスらしい感じに仕上がっていましたね。
あの、閉鎖的な村の感じとか、『トリック』シリーズからシュールな演出を抜いたような感じでしたし。
読売新聞の評論で「トリックが幼稚で動機が非現実的」などと厳しく批評されていましたが、そこまでは酷くなかったと思います。

やはり、蓮丈那智先生のキャラが素敵ですし。
これ、シリーズ物になるのでしょうか?

最後に一言。
東敬大学、文系学部なのに綺麗すぎっす。
それとも、きたないのは国立文系だけか……?
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書

2005年09月15日

久しぶりにネタがない。

こんにちは。
久しぶりにネタがないっす。
実家に帰ってくると、このネタ不足が困りますね。

とりあえず、絞り出してみましょう……。

……。

……。

そうそう。
母親と叔母が、しじみ・小鉄を連れてジャスコまで買い物に行ったらしいです。
2匹とも、おそろいのお洋服を着せたとか。
道行く買い物客には、しじみの方が人気だったと、叔母が少々残念そうに語っていました。
やはり、外面だけはいいですからね〜、しじみ。
小鉄の相手でだいぶ疲れてしまったみたいですよ。

もう一つ。
こんな記事を見つけました。
オリコン、本当に面白いアンケートばかりやりますね。
セクシーなアーティスト1位は?

栄冠に輝いたのは、「キューティーハニー」をカバーした倖田來未さんでした。
彼女、去年の年末の歌番組で、もしかしてズボンをはき忘れて出てきたの?というくらいセクシーな格好をしていましたからねぇ。
ダンスもお上手です。
でも、キャッチフレーズが”音楽界の艶女(アデージョ)”って……。

そして、男性部門は、"音楽界の艶男(アデオス)" Gackt。
これは、もう彼以外考えられないですよね。
私もガックンの声大好きです。


緊急告知!と言うわけでもないのですが……。
明日のフジテレビ、午後9時からの金曜エンタテイメントは、
北森鴻さん原作『凶笑面』
ですよ。
私は、この蓮丈那智シリーズが大好きなので、もの凄く楽しみにしています。
でも、CM見た限り、助手の内藤三國が……変?
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月14日

小さな怪獣がやって来た。

実家に、小さな怪獣がやって来ました……。

P1000002.JPG

小鉄という名のチワワ(♂・6ヶ月)です。
彼の毛の色は、ブルーでして、けっこう珍しいとか。
ブルーは遺伝的に禿げやすいらしく、一時期は若いのに禿に悩まされていたらしいです。
今は、回復して、飾り毛も生えていますよ。
でも、ロングコートなのに未だにスムースっぽいです。
街を歩いていると、「これ、何ていう種類ですか?」と聞かれるそうですよ。

叔母がこちらに用事があるため、今日つれて来たのですが……。
まだ子供なせいか、めちゃめちゃ元気です。
暇さえあれば、しじみにじゃれています。
しかも、顔にアタックするのですよ。
おかげで、しじみはずっと怒りっぱなしでして。
2匹を一緒にサークルの外に出しておくと、めちゃめちゃうるさいっすあせあせ(飛び散る汗)

今日は、何事もなく平和な一日でした。
実は、明日も駒苫の試合があるのですが……たぶん、明日は見に行けないですね。
残念。

posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月13日

駒大苫小牧、秋季大会で白星発進!

昨日、私を襲った突然の悲劇。
それは、私が情熱を込めて作り上げた、森博嗣さんファンサイトMAMのトップページ消失事件でした。
茫然自失状態から立ち直り、なんとかサイトが元の形になったのが、削除してしまってから2時間後くらいでしょうか。
粉さんがGoogleのキャッシュを拾って送ってくださったりもしたので、大体元通りの形に戻りましたです、はい。
心配してくださった方(もしいれば、ですが……)、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)


さて。
昨日の日記で予告していた、「好きな人には堪らないもの」です。
それは……駒大苫小牧高校の秋季大会の初試合なのです。
<高校野球>駒大苫小牧が白星発進 室蘭地区大会初戦
続きを読む
posted by ayako at 23:56 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 健康

2005年09月12日

悲劇は突然訪れる。

ふふふ……。
ふふふふ……。

現在、少々壊れているayakoです、こんばんは。

今夜は、本当は投票率が12年ぶりに65%を越えたこととか、最高裁判事の国民審査はやはり無意味だとか、そういう普通のことを書きたかったのですが、それも泡と消えました(T_T)

何故、私は壊れているのか?
その理由は、MAMのトップページをご覧になっていただければ、一目瞭然かと思われます。

本当に、油断していました(涙)
まさか、1クリックがあんな悲劇に結びつくとは……。
しかも、あれって不可逆的過程なのですよ。
1クリックで取り返しのつかないことになるなんて、1クリック詐欺みたいです。

全ての発端は、『τになるまで待って』の作品紹介を更新していたことと、Gシリーズの始めに森博嗣さんがシリーズ名を確定してくれなかったことなんですよ!
しくしく。

という訳で、τの作品紹介、追加されています。
偉そうに「館論」とかぶっています。
でも、そんなこともどうでもいいです(←投げやり)。
疲れましたたらーっ(汗)

まあ、いい機会なので、トップページをもうちょっとドレッシーに、かつ使いやすく改造できれば、改造しましょう。

そうそう。
明日は、好きな人には堪らない物を見に行ってきます。
上手くいけば、ですが。
明日の私は、希望に満ちあふれていますように……。
posted by ayako at 23:29 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。