2005年12月31日

大晦日〜ちょろぎへのこだわり。

ついに、2005年も終わろうとしています。
思えばこの1年、私はひたすら職を求めて勉強していた記憶しかありません。
むなしい一年でした。
しかも、去年と比べて、全然成長している気がしません(笑)
強いて言えば、ミステリィに対するスタンスが変わった事くらいでしょうか。
相変わらず、ミステリィの自主規制は続いております。
つまらないミステリィを読むくらいなら、他ジャンルの面白そうな作品を読んだ方がまし、という読書方針です。
おかげで、嶽本野ばらちゃんとかにも挑戦できたのですよね〜。

来年はついに社会人なので、きっと私も成長していることでしょう。
ていうか、成長していなかったら、困る!

さて、タイトルです。
皆様は、ちょろぎという物をご存じでしょうか?
お正月になると、おせちの飾りなどでひょっこりと現れる、赤くて変な形をした物体です。
食べるとカリカリとした触感です。
何を隠そう、私はあれが大好きなのです。
今日も、ちょろぎを求めて買い物に行ったくらいです。
でもあれ、いまいち正体不明なのですよね(笑)
福神漬けに入っている、刀豆(?)くらい正体不明です。
なので、ウィキで調べてみました。→こちら

中国原産で、フランスでも料理に使用することがあるのですね!
意外とおしゃれな食べ物だったみたいです。
posted by ayako at 21:09 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月30日

中島美嘉で新発見!

昨日の高校版同窓会は、つつがなく終了致しました。
意外なメンバがやって来たりして、それなりのサプライズもあり、思いの外楽しい集まりでした。
たぶん、高校時代に同じメンバで集まっても、あれ程和やかにならなかっただろうな〜とか思ったり……やはり、皆さん大人になったのですね。
色々と元クラスメイトの進路情報を交換し合ったりしたのですが、やはり理系が多いだけに、大学院進学がほとんどみたいです。あとは浪人で大学に入ったので、まだ進路は考えてないとか、医学部なのであと2年は学生だとか。
就職組は少なくて、ちょっと寂しかったです。

2次会でカラオケに行ったのですが、もう、世紀の大発見がありました!
参加者の1人に、Gacktが大好きで、彼のように超低音で歌う人がいるのですが、その人が中島美嘉の「雪の華」を歌ったのです。
もちろん超低音で。
すると……。
「雪の華」がガックンの歌に聞こえる(笑)
もう、あれはビックリしましたね。
一瞬、ガックンが作った歌かと思いましたよ。
それくらい、節回しがガックンぽいし、一人称はボクだし、違和感がないのです。
個人的には、トリビアでやっていた「一青窈の80%速再生→平井堅」くらいの驚きでした。


追伸。
世の中が不景気だと、誰が言った?
帰りにタクシーを捕まえようとしたら、普通に混んでいて、10分くらいかかったんですけど(-_-)
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月29日

飲み会A

飲み会第2弾に行く前に、日記を更新しておきますね。

今日は、昨日の飲み会の続きのような感じで、友人のリクエストにより某Pにてスープカレーを食べ、札幌駅をうろつき、札幌在住じゃない方々を見送ってきました。
相変わらず、会話はマニアック。
でも、就活話など、現役大学生らしい会話もありましたよ!

食事中、主にアキバ系にカテゴライズされる方面の話をしていたような、していないような感じだったのですが、食事後の移動中に、もろアキバ系な光景を目撃してしまいました。
偶然って、怖いです。
我々の乏しい(?)知識を活用して考えた結果、どうやらネットアイドルがオフ会をやっていたらしい、という状況が見えてきました。
撮影会の開催中に出くわしたらしく、1人の若い女性(「しまむら」チラシのモデル風←地域限定ネタか?)に、いい年の男ども(←ヲタ風もしくは社会の落伍者風、好意的な目で見れば、業界人っぽく見えなくもない)が一斉にカメラを向け、撮影していました。
アキバ経験者の友人曰く、秋葉原では日常的な1コマらしいですが……まさか、札幌にまでそういう風が吹いているとは……。
しかも、年の瀬とはいえ、平日の昼間に。
さすが、1000年に一度のヲタクブームです。

そうそう。
ついに『下妻物語』ゲットしました。
映画仕様のカヴァがちょっと気に入りませんが、とりあえず読んでみます。
posted by ayako at 15:41 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記

2005年12月28日

飲み会@

今日は、高校時代の友人と内輪で飲み会でした(←明日は公的な飲み会)。

よく考えると、やって来たメンバーとの付き合いは、もうすぐ7年になる訳で……。
もう、いい加減気心も知れています。
楽しく食べて飲んで、カラオケで歌い、最後は一人の家にお邪魔させていただき、ぼちぼちと飲みながらひたすらパソコン(主にインターネット)で遊んで話していました。
その話題が、さすが私の友人というべきか(←そんなことを言うと怒られてしまいそうですが、私は最大限に誉めているのです)、なかなかマニアックでして黒ハート
こういう会話を楽しめる友人を持っている私は、幸せ者です。
私の印象に残った会話といえば……

@法医学トーク(←医学部の友人が参加していたため、それなりに受け入れられる)

A某匿名掲示板トーク(←花の女子大生が何をやっているのだ?)

Bそのつながり?でVIP STARその他面白フラッシュを見る。これはかなり笑いました。

C某SNSのm○xi話(←うちの高校出身者で構成されたコミュが密かに……)

D楽しいHTML講座

Dについては、某友人がきちんと勉強していて、色々と教えて貰いました。
私がやっている某マニアックサイトのソースが美しくないので(yahoo!のバカッ!!)、私もこれを機にきちんと勉強したいと思っています。
いつの日か、美しいソースのサイトに生まれ変わらせる計画を立てている所ですので、温かく見守ってください。

本当に楽しい時を過ごしたので、アッという間に朝になってしまい……予想したとおり、睡眠不足のまま、明日の飲み会になだれ込みそうです。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月27日

満身創痍でスポーツクラブへ。

湿布を貼って寝た結果、背中の状態はだいぶ改善されました。
しかし、今度は肩と首と腰が痛いです。
やはり、除雪疲れでしょうか?←昨日も除雪した。

そんな状態で、これからスポーツクラブへ行って来ます。
しかも、たぶんヒップホップをやるような気がします。
その後、自主的に泳ぐと思いますが、バタフライは泳ぎません。
体の危険を感じます。
しかも、明日から2夜連続で飲み会が予定されています。
筋肉だけでなく、内蔵の危機も感じます。
年末は忙しい。
今年の大晦日には、抜け殻になっているかも知れません……。

今後の私にこうご期待!!
posted by ayako at 17:22 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月26日

背中が痛い。

朝起きたら、背中に衝撃が走りました。
ズキューンと……。
どうやら、寝違えたようです。
と言うわけで、一日中背中を丸めて過ごしていたのでした。

現在は実家暮らしなので、家事をまったくしなくても良いかと思ったら、暫定主婦である玲子さんはお葬式に行って疲れて帰り、家事ボイコット中だったので、仕方がなく自分で昼食の支度をし、皿洗いもしました。
何のために実家に帰ってきたのか?
それにしてもやはり、背中が痛い……。

夕食の支度でフライパンを振ると、背中に響きました。
でも、だいぶ痛みは和らいできたようです。
その勢いで、25日分の日記を更新したものの、やはり背中が痛くて今日の分の日記は更新できませんでした。
老人くさくてすみません(-_-)

母親に寝違えの件を相談したところ、原因は雪かきにあるのではないか、と指摘されました。
除雪キャリア20年の私が、その程度のことで背中を痛めるとは思えないのですが……。
思い当たる節がなくもないです。

とにかく、湿布を貼って様子を見ます。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月25日

クリスマス本番もフィギュアスケート一色。

今夜のフィギュアスケートは、フリーの演技でした。
また、A藤嬢とA田嬢の演技を目当てに、真剣にテレビを見る私。
もちろん、A川嬢の演技にケチを付けることも忘れません。

結局、順位的には少々の疑問が残りつつ、オリンピック代表は予想通りの結末となりました。
もう、母親と2人で「これなら、選考試合をやってもやらなくても同じじゃん(-_-メ)」と怒り心頭でしたよ。

それにしても、何故日本スケート連盟は冒険をしないのでしょう?
故障続きで本番にパーフェクトな試合が出来るかどうか分からないようなお姉様(それでも一応過去の実績はあり)よりも、今勢いに乗っている若手(最近の大会で好成績)をオリンピックに出した方が、ずっと面白いと思うのですが。

と、怒りをフィギュアスケートにぶつけつつ、1人寂しく除雪したクリスマスの夜なのでした。
だって、父は単身赴任先に帰ってしまうし、母親と玲子さんはお通夜に行っていたんですもの(←それはそれで嫌なクリスマスだ)。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月24日

フィギュアスケートと明石家サンタで終わるクリスマス。

別にクリスチャンではないので、クリスマスとはいっても、ケーキとビーフシチューを食べるくらいのイベントしかありません。

でも、青木さやかが司会をやっている「ジャリバラ」は、クリスマスならではの企画で面白かったです。
六本木のキャバ嬢は一体、どんなクリスマスプレゼントを貰っているのか、キャバクラに乗り込んで生中継で伝える、というやつだったのですが……日本のバブルが弾けたと言ったのは誰ですか?と言いたくなるような内容でした。
ジャリバラは、先週の「むねむねがどれだけ涙もろいのか調査する」というやつも面白かったし、プロデューサがなかなか頑張っている模様。

そして、フィギュアスケートです。
今日はショートプログラムだったのですが、どうも順位に納得できません。
何故、A川嬢が首位なのか?
私、どうも彼女の演技と衣装センスが嫌いなのです(←非常に個人的な理由)。
何ですか、あの白黒は?
S嬢の得点はまだ納得できますが、O田嬢の高得点も、釈然としないものがあります。
何だか、オリンピックメンバの選考に向けて、後ろで色々な圧力がかかっているような感じがするのです。
まあ、結局のところ、A藤嬢が好きなので、彼女の得点が低いのが納得できないだけなのですね(笑)

これから、寂しい人のクリスマスの過ごし方として定番となりつつある、明石家サンタでも見て寝ます。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月23日

我々は、祝日をこう過ごすべきだ 〜 天皇誕生日編

ひがぴょんの「このミス」その他ミステリィランキング3冠を記念して、タイトル下のお言葉を『容疑者Xの献身』からの引用にしました。
別にひがぴょんファンではありませんが、気分的な問題です。

さて。
私の心の友・六法には「国民の祝日に関する法律」というものがあります。
その法律には、我々日本国民がどのように祝日を過ごすべきか、懇切丁寧に書いてあるのです。
例えば、第1条には
「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築き上げるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを『国民の祝日』と名付ける」
と書いてあります。
普段「ラッキー、3連休だ!」と喜んでボケボケと過ごしている祝日ですが、実はとっても肩の凝る日だったようですね。

ところで、気になる天皇誕生日ですが……。
普通に「天皇の誕生日を祝う」としか書いてありません。
つまらないです。
もっとご大層なことが書いてあるかと思ったのに……。

今後1年、祝日が巡ってくるたびに、我々は何をすべきなのか、逐一レポートしていきますね。
誰に頼まれた訳でもないけれど(-_-;)
posted by ayako at 18:48 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 法学

2005年12月22日

カラスも横断歩道を渡る?

徹夜明けで爆睡してしまいました、今晩は。
もう、睡眠リズムがメチャメチャです。

さて、今日はほぼ引きこもり生活だったため、ネタがありません。
なので、数日前に遭遇した、不思議な出来事をお話したいと思います。

あれは忘れもしない、月曜日の朝……。
寝坊して1限の講義に遅刻しそうになり、学校へと急いでいた私は、横断歩道でイライラと信号待ちをしていました。
その時、私と一緒に(道路の向かいで)信号待ちをしていた生物がいたことに、その時は気が付く訳もありません。
雪山を突っついていたので、てっきり餌でも漁っているのかと思いましたから。
そして、信号が青に変わり、凍結した道路を急ぎ足で渡る私。
すると……。
向かいから、カラスが歩いてくるじゃないですか!
カラスですよ、奥さん。
全身が黒くて、つやつやしていて、偶に人間を襲う、ずる賢い例の奴です。
一瞬、普通に流しそうになりましたが、思わず振り返って確認しました。
間違いなく、カラスがヒョコヒョコと歩いて道路を渡っています。

君には、立派に空を飛べる羽があるんだよ!
なのに、何故歩いて渡る!!
ていうかカラスって、

信号待ちが出来る

くらい賢いのか?


単に車が沢山通っているから道路が渡れなくて、偶々車の信号が赤に変わり、道路が空いたから渡っただけかも知れませんが。
カラスの知能って、恐ろしいです(-_-;)
posted by ayako at 23:45 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月21日

睡眠は大切です。

予想通り徹夜でした、おはようございます。

しかしですね、今日ばかりは、家に帰って爆睡する訳にもいきませんで……。
午前中の授業は出席も取る上に、どうやらテストに関して重大な告知があるような記憶があったので、着替えて顔を洗い、不眠で再び学校へ向かったのでした。

その道中、人間における睡眠の大切さを思い知ったのでした……。
まず、朝の爽やかな日差しがきつい!まるでドラキュラ気分です。
そして、気を抜くと、気絶しそうなほど意識が危うい!←単に眠いだけ

そんな危なげな状態で、コンビニで昼ご飯を仕入れ、何とか講義を受ける教室に辿り着くことができました。
よく、車や人や物にぶつからなかったなぁ(しみじみ)。
しかしですね。
講義が始まってからの記憶が、ほとんどありません(笑)。
いくら私が、睡眠時間短くても大丈夫な人間とはいえ、完徹での授業は無謀だったようです。

その後、4限の授業を受ける鋭気を養うため、図書館に移動して美術書を読みながら睡眠を取り(睡眠学習か?)、無事4限の授業を受けて、またまたレポートに関する重要な発表を聞き(年末の授業は重要ですな)、無事帰宅。
帰宅してからの記憶もまた、ほとんどありません(笑)。

それにしても……。
何故、徹夜明けで顔色も目つきも最悪、服装はめちゃめちゃだし、髪の毛はボサボサで、しかもメガネをかけている時に限って、多数の知り合いに遭遇するのでしょう?
これもマーフィーの法則か?
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月20日

鑑定団に夢中。

今日のお宝鑑定団は、出演者及び視聴者に、真贋鑑定・値段鑑定をさせる趣旨みたいです。
最近、『ギャラリーフェイク』の影響で、すっかり美術に夢中な私、これは挑戦せずにはいられません!
基本的に、芸術は直接目で見て楽しむものだと思います。
ブラウン管を通して見ると、そのものが持つ力が伝わってこないし、絵のタッチも見えません。
明らかに、こちらは不利です。

ピカソの絵はジミー大西の絵に見えるし、セザンヌの森の絵はただの緑の塊にしか見えませんでした(笑)
でも、こういう企画って、楽しいです。
一応、村山槐多の絵の真贋を見抜いたし、焼き物は2つ正解したし、満足満足。
日本画は難しいっす。
プロフェサーフジタの神の審美眼にはほど遠いけど、卒業までに、せいぜいH大図書館にある美術書で勉強することといたします。


モノポリー大会のお誘いを受けたので、これから夜の学校へ行って来ます。
今夜は徹夜か……?
posted by ayako at 21:43 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月19日

謎なペットボトル。

H大生協では、オリジナルに開発したドリンクを売っています。
これ、普通の500mlペットボトルとしてはかなり安い(88円くらい)ので、たまに買うのですが……。
よくよく、そのペットボトルを見てみたら、色々と謎が出てきました。

@その名は「プーちゃん」。
ちなみに、紅茶は「コーちゃん」、ウーロン茶は「ウーちゃん」だったような気がします。
これは何となく由来が分かりますが、何故緑茶が「プーちゃん」なのか……?
かなり謎です。
プーアール茶なら、プーちゃんで納得ですが。

A目盛りの意味は?
何故か、ペットボトルの角に目盛りがついています。
自分の飲んだ量を知って、何か得をすることでも?
それとも、料理などで計量に役立てよう、という趣旨でしょうか?

B観賞用?
バーコードの下の注意書きみたいな所に書いてあるのです。
「使用後は水槽やお風呂へ入れて観賞用としてご利用できます」と……。
???
空のペットボトルを風呂や水槽に入れて鑑賞する人って、いますか?
世界的に有名なデザイナがプロデュースしたラベル、というのなら分かりますが、ごく普通のペットボトルなのですよ!。

Cどんなことを想像すればいいの?
もう一つの注意書き。
「枠内は想像してご記入下さい」
枠内というのは、どうやらプーちゃんの顔のことらしいです。
こればかりは言葉で伝えるのが難しいので、写真を載せますね。
これが、問題のラベルです。


botol.jpg

目玉の親父にしか見えません(=_=)
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月18日

VIP☆STAR

今日は、真央ちゃんおめでとう!ぐらいしか話題が見つかりません。
トリノオリンピック、行かせてあげればいいのに……。

なので、大変不本意ではありますが、某匿名掲示板の話題を……。
昨日の夜、Yahoo!トピックスで、ある記事を発見してしまいました。

ひろゆき氏が語る「電車男」「のまネコ」そして今、注目のネタ

まあ、今年は良くも悪くも、2○ゃんが(ネット以外でも)世の中の話題をリードした訳で……。
私も某スリッパ事件の時は、某スレに張り付いていましたし(汗)
今年を振り返る意味で、この記事を何となく読んでいた訳ですよ。
そしたら、「VIP STAR」の話が出てきまして、ちょっと気になって検索してみたら……。

爆笑!
ていうか、大爆笑!!


もう、慌てて近くにいた母をパソコンの前に呼び寄せてしまいました。

たぶん、もうご存じの方も多いかと思いますが、一応説明しておきます。
「VIP STAR」というのは、平井堅さんの「POP STAR」という曲の替え歌でして。
歌詞は、2ちゃん○るのVIP板の方(通称VIPPER)の生き様を歌った内容になっています。
この時点で引いた方は、もう私の今日の日記は読まない方がよいし、「VIP STAR」とは一切関わりを持たない方が良い、ということを忠告しておきますね。

さて。
ひろゆき氏は、この「VIP STAR」をCD化したい、などとおっしゃっていたような気がしますが……。
もしCD化されたら、買っちゃうかも知れないです、私w
だめじゃん!
でも、歌詞が(2ちゃん用語だらけだけど)非常にうまい。
そして、それ以上に歌を歌っている人がうまい!
平井堅そっくり!!
彼、本当に才能の無駄遣いです。
以前、レッサーハムスターさんがコメント覧で紹介してくださった「大嘘つきの古狸」を聞いた時も思いましたが、一瞬本人が歌っているのかと錯覚してしまいましたから。
ていうか、本当に本人だったら……以下略。

とにかく、気になる人は是非、VIP STARで検索かけてみてください。
すぐに出てくると思います。
本当に凄いです。
フラッシュの方も面白いですが、本人のPVに重ねた方がかなりうけます。
posted by ayako at 22:36 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月17日

ロボコン。

映画の方ではなく、リアルの方です。
全国の高専の生徒が、持てる技術力の限りを尽くして(ロボットを作り)死闘を繰り広げる、例の超理系なイヴェントです。

ある夜、夜中にテレビを付けたら、この超理系なイヴェントの九州・沖縄地区予選が放送されていました。
思わず、眼鏡をかけ直して見てしまいましたよ(笑)
夜中にベッドに入りながら、ロボコン(しかも予選)を見る……。
何だか、背徳のかほりがして、ちょっとドキドキしてしまいましたよ(キャッ♪)。
よく日記を拝見させていただいている、なまもの!の大矢博子さんは、かなりのロボコン好きだし、この前デイリーポータルZでも、ロボコン(本戦)の特集をやっていたし、映画も撮られたし、最近は私の中でもかなりメジャなロボコンですが……。
やはり、何だか理系による理系のための、秘密のイヴェントのような気がしてしまうのですよ。

実は私……高校時代は理系でした。
3年生の時に、一大決心をして文転したのです。
そういう、理系を捨てた身からすると、理系の世界は眩しいっす。

それにしても、本当に高校生(+α)が作ったの?って感じですよね、あのロボット達。
私が今までやった一番高度な工作は、たぶん中学で技術の授業の一環として、はんだごてを自作してラジオを作った事です。
幸運にも、私のラジオは成功して、放送を聞くことができましたが……。
また、電子工作とかしてみたくなってしまいました。
微妙に楽しいんですよね、あれ。
posted by ayako at 16:29 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月16日

クリスマスだね。

ゼミの忘年会で、大通方面に向かいました。
最近、街はどこもかしこもクリスマス仕様です。
駅前通と大通公園では、毎年恒例のイルミネーションをやっているし、大丸も微妙にクリスマスカラーのライトアップです。
現在建設中の某ビルでも負けじと、クリスマスに向けて壁にクリスマスツリーを作っていました。

xmas.jpg

確かに、イルミネーションは綺麗です。
でも、何だか電気代の無駄なような気がしてしまうのですよね〜。
それだけするお金があったら、もっと他に有意義な使い方があるだろう、と。
まあ、大通公園の場合は、スポンサの名前がでかでかとついているので、たぶん企業名のアピールになっているのかも知れません。
それはそれで良い宣伝になりそうな気もします。
しかしですね。
個人の家庭で、たまに凄いイルミネーションをやっている家がありますが、あれは一体何をアピールしたくてあんなことをしているのか、理解に苦しみます。
日本人はキリスト教徒じゃないのに、クリスマスが本当にイエス・キリストの誕生日なのかも定かじゃないのに、何故、あんなに浮かれ騒げるのでしょうか?
個人消費が増えて、日本の景気回復に役立っているからいいのか?

余談ですが……。
あの建設中のビルも、鉄骨代を浮かしてライトアップをしている、とかじゃないといいけれど(笑)
もう、耐震強度偽造はうんざりです。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月15日

公共料金が高すぎる。

最近、冬になったせいか、公共料金が高いです。
あり得ないです。
今日、灯油の請求書が来たのですが、そんなにストーブをたいていた記憶はないのに、妙に値段が高いのです。
暖房代節約のために、図書館に避難していたというのに。
一瞬、もしかして妖精さんが私の部屋に住み着いていて、留守の間にこっそりとストーブをたいているのでは?と疑ってしまいましたが……。
よく請求書を見てみると、灯油のリッターあたりの単価が明らかに上がっていました。
1リットル71円。
灯油70円台って、初めて見ましたよ。
くそう!
中国のバカ、イラクのバカ、ブッシュのバカ、海外投資家のバカッ!!(←何故かブッシュだけ個人名)

と、寒空に怒りをぶつける今日この頃なのでした。
灯油は高いけど、ストーブをつけないと凍死しちゃうので、凍えない程度にストーブたきます。

ついでに、ガス代も妙に高いけど、お風呂に入らなかったら色々と問題があるし、食器を洗うときも手が冷たいので、仕方がなく高いガス代払います。
くそう、プロパンガスのバカ!

私が頼れるのは、もうほ○でんさんだけです……(←電気代だけは上がっていない。これも時間の問題か?)。
posted by ayako at 23:35 | ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月14日

姉歯元一級建築士その他@証人喚問

今日は、一日中、マンション構造計算書偽造問題の証人喚問の話題で持ちきりでした。

<耐震偽造>関与を否定、鉄筋指示文書で釈明 総研社長

血の通った反省の言葉聞かれず 姉歯氏証人喚問

私は、9時半からの姉歯氏パートを途中まで見て、泣く泣く学校へ。
その後、3限が空いていたので、家に帰ってきて、午後からの木村建設関係の証人喚問を見つつ、4限を受けに学校へ戻りました。
ミーハーです。
講義中、携帯電話から某匿名掲示板を少々覗いてみたのですが、「姉歯が可哀相になってきた」との言葉がありました。
何となく、その気持ちは分かります。
淡々と質問に答える姿に、何だか同情してしまいました。
どうでもいいですが、最初に質問した某W議員は質問下手過ぎ……。

一方、午後からの木村建設の2人に対しては、全然同情できませんでした。
際どい質問が出るたびに、元東京支店長の篠塚氏も、木村社長も、眉間に皺を寄せ、あらぬ方向を見つめるのですが……出てくるのは、当たり障りのない言葉ばかり。
つまらないです。
もう、「さっさと本当のこと言っちゃえよ!」と突っ込みたくなってしまいましたね。
姉歯氏だって、木村建設からの只ならぬ圧力がなければ、法令に反してまで、あんなことはしなかったと思うのですが……。
篠塚氏の禿げ具合が怪しいです。木村社長の目つきもやばいです。

最後の、総研内河社長は、残念ながら見ることができませんでしたが……財界を根城にする古狸って感じですね。
ああ、嫌だ嫌だ。

それにしても、今回の証人喚問、姉歯氏以外は全然有益なことを言っていないじゃないですか!
もう、あんな紳士的な手続きでは、まだるっこしいです。
落とし名人を警察から派遣してもらって、攻めて責めて自白させたいですよ。
posted by ayako at 22:00 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 記事

2005年12月13日

嶽本野ばらに挑戦!

今日、家を出る時、マンションの前に何故か大きなバスが止まっていました。
理由は謎。
そんな謎を置き去りにしたまま、いつもと変わらず、光熱費節約のため(笑)図書館に向かう私でした。

最近、ミステリィに対して自主規制をかけているため(←自業自得)、読む本が少ないです。
というわけで、普段は絶対に読まないジャンルの本にまで手を伸ばしてしまいました……。
嶽本野ばらちゃんです。
野ばらちゃんといえば、『下妻物語』です。
しかし、我がH大図書館に入っているのは『ミシン』という、彼(←でいいのか?)のデビュー作と『それいぬ:正しい乙女になるために』だけなのです……残念。
しかも、本館にあるのは『ミシン』だけ。見つけた瞬間、衝動的に手に取り、借りてしまいました。薄いので読みやすそうです。

以下、感想。
こ、これが正しい乙女なのか!(目から鱗)
独特の文体と世界観、そして、印象的な小物と固有名詞の使い方!!
ヴィヴィアン・ウェストウッドが気になります。キティちゃんモデルの”ぞうさん”も欲しいです。
そして、段々とああいう口調になりたくなります。頭の中は乙女口調です。
もう、「わたくしも、乙女というものに目覚めたようですわ」とか声に出して言いたいです。
私の場合は、精神構造的に、乙女にはなれないでしょうが。

総括して、意外と読みやすい、というのが一番ですかね。
徹底した合理主義者でミステリィを愛読する私なんぞは、乙女の世界に抵抗があるかとも思ったのですが、けっこうスルリと頭の中に入ってきます。
シチュエーション的には、美味しい紅茶とお菓子を片手に、散り行く落ち葉を眺めつつ、「文学少女」をして読みたい感じです(←どんなだ?)。

野ばらちゃんとは、「21世紀なんて、嫌な時代だ。明治・大正時代に生まれてきたら、きっと幸せだったんだろう」という点で、価値観が見事に一致しています。
よし、そのうち、『下妻物語』も読もう♪
……もう、文庫になっているでしょうか?
posted by ayako at 23:04 | ☁ | Comment(7) | TrackBack(1) | 読書

2005年12月12日

宇治市@小六女児殺害事件について

またしても、女の子が犠牲となる事件が起きてしまいました。
最近、非力な女の子を狙った犯罪が多すぎます。そんな人ばかりを狙うなんて、犯人は卑怯です。
しかも、今回の加害者は同志社大学の法学部生……。
法学部って、法律を学ぶところだから、法にはずれたようなことをする人は少ないだろう、と思われるかもしれませんが、意外と犯罪があるのですよ。
数年前、うちの学校でも、法学部生による殺人未遂事件がありましたし。
犯罪を犯すような人間は、どんな環境に置かれても変わらない、ということなのでしょうか。

今日は長文になること確実なので、ここら辺から隠させていただきます。



続きを読む
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 刑法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。