2006年01月31日

本日の鬱模様

今日の私の精神状態は、
島田荘司『水晶のピラミッド』にて、仲良しのワンちゃんに死なれた御手洗さんでした。
ここで、「ああ、あの時の御手洗さんは酷かったよね〜。石岡君も困ってたもんね〜」
と即座に反応できるあなた、かなりのマニアですよ(←書いている本人もうろ覚え)。

さて。
そんな鬱が続いている私ですが、夕方にちょっとトラブルがありまして、一瞬、怒りに鬱を忘れてしまいましたよ。
事件は図書館で起きました。
レポートの資料を借りるために、自動貸し出し機で手続きをしようと思ったら、
「貸し出し冊数を超過しています」とエラーメッセージが出るのです。
私はご存じの通りA型ですから、自分が借りている本の冊数くらい、きちんと把握しています。
間違いなく、1冊余裕があるはずなのですよ。
このトラブルには、少々心当たりがありました。
先日返したはずの本を検索してみます。
「貸し出し中」になっていました。
実際に、本が置いてある本棚に行ってみます。
何故か、その本がきちんと棚に入っていました。

図書館司書、何してるんだよむかっ(怒り)

バイトなのか正規の職員なのか分かりませんが、とにかく、私が返した本を、返却手続きをせずに棚に戻していたようです。
あり得ません。
私が早めに気付いたから良かったようなものの……。
他の人が借りようとしたら、間違いなくエラー出るぞ!
とりあえず、件の本を回収して、もう一度カウンタに返しに行きました。
本当は、嫌味の1つや2つでも言ってやりたかったのですが、そこは善良な小市民の私です。
あと一歩の所で思いとどまったのでした。

私の残り少ない在学期間に、また同じ事があったら、その時は、地球が3回続けて滅亡したくらい不機嫌に嫌味を言ってやりましょう。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月30日

読書スピード、執筆スピード共に上がらず。

『孤宿の人』の読書は、全然進んでいません。
明らかに、パワーダウンしています。
今日は、ほとんど引きこもり状態で過ごしました。
つまり、やはり1限には起きれなかったと(笑)。
ええ、もうダメ人間ですから。

精神的鬱傾向は、おかげで更に進行した模様です。
何だか、悪のスパイラルに入り込んでしまったような感じ。
白馬に乗った王子様がやって来て、助けて欲しいくらいですな。
昨日の夜中なんて、いかにもダメ人間らしく、ネットから引っ張ってきた、クイズとタイピングソフトとほんの少しRPGを足したようなゲームをひたすらやってしまったし。
これが、意外と面白いのですよ。
このまま行ったら、明日はついに某匿名掲示板に書き込みデビューとかしそうな勢いですが、残念ながら、明日から集中講義が始まるので、たぶん普通に学校に行くだろうと思います。
残念。

レポートについては、ちょっと集中したかと思ったら、急にメールが来たり、電話が来たり、ゲームに熱中してしまったり(←これは違うだろ!)で、邪魔が入ってきます。
全然進みません。
こうやって、自分の外部に悪の原因を求めるのも、鬱の症状でしょうか?
困ったものだ……。
本当は、今日までにある程度の形を作っておきたかったのですが。
まあ、提出締め切りまでかなり時間があるので、まだお尻に火がついていないのでしょう。
posted by ayako at 22:50 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月29日

ビリヤードはむつかしい……。

今日は、バイト関係の飲み会へ。
有志が早めに集まり、フルーツケーキファクトリーでケーキを食べて(零次会)、お店に移動して皆様で食べて飲んで(1次会)、ビリヤードをして(2次会)、解散しました。

実は、ビリヤードをしたのは、生まれてこのかた始めてでして。
結論から言うと、私は才能がないです。
どうせ、まともに出来る球技は卓球だけ、スポーツ全体では水泳とマラソンとスキーとスケートだけですよ〜だ(いじいじ)。
どうして、千葉千波君は、あんなに軽々とビリヤードをやっているのか、不思議です(←ちょっとマニアックな人物を出してしまったか?)。

そんなこんなで、1週間が終わりました。
明日から月曜日だ!
実は1限に授業があるのですが、朝早く起きるのが嫌だし、行くかどうか分かりません。
どんどん不真面目になってきましたね(笑)
でも、レポートを書かなければならないから、図書館には行くでしょうか……。
最近、集中力が欠如しているらしく、借りてきた『孤宿の人』の読書状況もまだ25%くらいです。
どうも、気力が湧かない……。
バイオリズムの関係でしょうか?
posted by ayako at 23:44 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月28日

図書館間を行ったり来たり。

今日は、宮部みゆきさんの『孤宿の人』を借りるために、図書館(北分館)へ本を返しに行ったり、図書館(本館)でレポート用の資料を借りたりして、忙しい1日でした。
うちの学校の場合、とにかくキャンパスが広いので、自分が求めている資料が違う図書館にあったりすると、本当にうざいです。
特に冬の場合、寒いし、自転車は使えないしで、なんだかんだ言って、移動するのに15分くらいかかりますからね〜。
死活問題ですよ。

何とか用事を済ませて、図書館に落ち着いたものの、結局疲れてしまい、レポート用の本はあまり読めず。
ダメ人間です。
多少は興味のある題材でも、やはり小説のように楽しくは読めません。
ああ、本当にだめだなぁ。
ちなみに、読んでいる本は、『首相公選制を考える』というやつです。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月27日

最後のゼミ 〜泡盛もらったよ〜

今日は、今学期最後のゼミでした(←この後施設見学があるらしいけど、私は参加するかどうか分からないので……)。
ゼミ自体は、非常にあっさりと終了。
それなりに興味深い論点を掘り起こしつつ、みんな(少なくとも私は……て、おい!)の気持ちは、その後のコンパに行っていたようです。
コンパでは、セクハラについての怒りをぶつけつつ、楽しく飲んで食べました。

その後、解散したのですが、有志でH大へ戻りました。
去年は、ゼミの先生主導のもと、中央ローンやらポプラ並木やらをうろうろした上、何故か北上して、カラオケボックスで始地下鉄を待つ、という滅茶苦茶なことになっていましたが……。
今年も、ポプラ並木は見に行きました(笑)
しかも、そのうちの数名は雪の中へダイブ!
私はまだ理性が残っていたので、やりませんでした。
これからもずっと、北海道に残る予定ですから、いつでも出来ますしね。
ていうか、小さいときにもう一生分やったような気がします。

その後、ゼミの先生の研究室に行って、秘蔵のお酒を飲みつつ談笑。
先生、後の予定が詰まっていたのに、研究室に招き入れていただいて、ありがとうございました。
その時は何も思わずに楽しく話していましたが、よくしんみりモードにならなかったなぁ。
2年も(しかも2年目は無理矢理)ゼミに参加したわけで……大学生活の半分ですよ!
おかげで、良い刑法の勉強ができましたし、楽しい思い出も沢山出来ました。
ゼミの皆様に感謝です。

結局、去年のように朝帰り、という事態にはならず、夜中に帰宅しました。
先生から泡盛の小瓶をお土産にもらって(笑)
ああ、楽しかった。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 刑法

2006年01月26日

『ゴッホ殺人事件』 高橋克彦

図書館から借りてきて、『ゴッホ殺人事件』という本を読みました。
ネーミングセンスは今一だけど、「アート+ミステリィ」を匂わせるタイトルに一目惚れした結果です。
ちなみに、この著者の本は初めて。
表紙は、ゴッホがテオ(ゴッホの弟)に宛てた手紙とゴッホ自身の肖像画(たぶん)がアレンジされていて、なかなか凝っています。

内容は、ある自殺した老女の遺品から、銀行の貸金庫に預けられた、ある絵画のリストが見つかって、それがどうやらゴッホの未発表の作品群らしいと分かり、都合良くパリで絵の修復家をしている老女の娘とその友人達、そして別ルートから同じ作品群を追っていたモサドの捜査員(モサドについてはこちらを参照)達が追い始めます。
ちなみに、モサドの人たちは、当該作品群が、第2次世界大戦中にナチスがオランダから応酬したものである、と睨んで行動を起こしたらしいです。
つまり、お決まりのようですが、ここでナチスが絡んできて、きな臭くなってくるわけです。
ところが、そのリストの謎を追究していくうちに、ある驚くべき仮説が浮かび上がってきます。
それは、ゴッホの死に関すること。
ゴッホは、1890年7月27日に、当時滞在していたオーヴェルという村で拳銃自殺をしたことになっているのですが、それがどうやら他殺ではないか、と言うこと。
その仮説をうち立てたのは、老女の娘の友人である、オルセー美術館の学芸員なのですが、私はその仮説が論証されていく過程(上下巻に分かれた、上巻の途中)で、
「ああ、もうこの本はこれでお腹一杯!」
と思ってしまいました。
それくらい、真実味のある話なのです。
もしかしたら、実際、そういう学説があるのかも知れませんね。

その後、そのリストを巡って色々と事件があって、人も死にます。
はっきり言ってここら辺は私にとってどうでもいい感じでした。
最後になって、事件は大詰めを迎え、舞台を日本、特に東京に移して、結末を迎えるのですが……。
全体の黒幕は、一応驚くべき人物として書かれているに違いありませんが、別にそんなに驚く必要もなさそうだし、犯人の正体がばれることとなったある写真も、そんなに仕掛けなくてもいいだろう、といった感想。
ここら辺は、最近私が妙にミステリィずれしてしまったのが原因と思われます。

でも、ゴッホの生涯と、その裏に隠されたドラマについて、けっこう勉強になりました。
元々、私はゴッホという画家は、あまり好きではないのですが……。
ここからゴッホ論を展開してしまうと、際限もなく長くなってしまうので、今日のところはこの辺で勘弁してやりましょう。
そのうち、暇な時に、私のゴッホ観について偉そうに語る機会を持ちますです。
posted by ayako at 21:56 | ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 読書

2006年01月25日

アナグラム、新作入荷!

今私がやっているバイトは非常に暇です。
なので、手が空いているときに、アナグラムを色々と考えてみました。
もちろん、森博嗣作品のタイトルです。
我がMAMには、「アナグラム祭り」なるコーナが存在し、一応Vシリーズまでは私の考えたアナグラムを発表しています。
今回は、その続き……なのですが、まだまだ未完です。
だって、色々と特殊な言葉が多くて、アナグラミング(←?)が難しいのですよ。
とりあえず、そんな中でも、何とか格好が付いた3作を載せておきますね。

触れたら椅子(ふれたらいす)

まるで鈍ってたウニ(まるでなまってたうに)

それでは明日、よくターン(それではあしたよくたーん)


暇な時にでも、考えてみてください。
意外と簡単だと思います。

最後に、森博嗣さんとは関係ない物を1つ。

胃学会、歩道抱く(いがっかいほどうだく)
posted by ayako at 21:05 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書

2006年01月24日

まったく、今時の若い子は……。

今日は、別ルートからカロリーメイト(2個入り)を2つ貰いました♪
嬉しいな。
何だか、毎日、食べ物を貰いにバイトに行っているような感じになってきましたね(笑)
色々と役得のあるバイトは好きです。

さて。
今日のお昼ご飯は、学生食堂で食べていたのですが……。
隣で話している推定3年生の男子学生(法学部)が、非常にレベルの低い愚痴をこぼしていて、心の底から腹が立ちました。
彼らは、一応会社説明会を聞きに来たらしいですが、全体的にだるそうで、こんな奴らなら、説明会に来られた企業の方が気の毒だ、と思ったり。
更に、模擬面接の話をしていたのですが、彼ら独特の論理として、

面接の準備をしないで模擬面接を受ける。しかも10分遅れて行った→当然何も話せない→色々と突っ込まれて落ち込む→ていうか、そんなに上手に話をするのは無理である→更に面接中の態度がなっていないと注意されて落ち込む→話をするのに一生懸命で、態度に構っている余裕などない→もしかして俺って、ダメ人間?→もう働きたくない。精神病院でも行こうかな?

という展開になっていました。
もう、話を聞いているだけで腹が立ってきて、茶碗を置いて立ち上がり、
「てめーらなんて、一生働かなくていいんだよっ!」
と怒鳴ってやろうかと思いましたよ。
もしくは、どこかに引っ張っていって土下座させ(わざと床の冷たい所で)、彼らの至らない所を2,3時間説教してやりたかったです。
奴ら如きにそんな時間を割くのは勿体ないので、何もしませんでしたが。

就職活動は、落ち込んでなんぼですよ。
私だって、面接を受けるたびに落ち込みましたとも。
面接の前には、事前予習するのは当たり前です。それをしないで、「俺、全然話せなかったよ……」って。そうなるに決まってるじゃん。
面接中の態度だって、いろんな人に注意されながら改善してゆくものです。
そんな、模擬面接でちょっと注意されたくらいで再起不能になっていたら、一生就職なんて出来ませんよ(←彼らの話だと、模擬面接で本当に「君、一生就職できないよ」と言われたっぽいですがw)。
愚痴をこぼしたい気持は分かります。
でも、もうちょっとレベルの高い愚痴を言えよ、おまえ等。

まあ、あんな心構えで就活していたら、来年の今頃は路頭に迷っているに決まっていますね。
どんなに緩い会社だって、あんな人間はいりません。
ざま〜みろ。
ああ、法学部の質も落ちたもんだあせあせ(飛び散る汗)
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月23日

2食分浮いた♪

今日は、学校→バイト、という非常に学生らしいスケジュール。
美味しいザーサイが手に入ったので、お昼は珍しくお弁当を作って行きました。
これで、1食分の出費を抑えられます。

バイトが終わったのは6時くらいなのですが、7時過ぎまで待っていたら、ある場所で出しているおにぎりの余りをもらえる、というお話を耳にはさみました。
何となく時間を潰し、配給場所(笑)に行ってみると、そこにはおにぎりの山がぴかぴか(新しい)
そこで、おにぎり数個と何故か缶ビールをご馳走になり、大満足で帰宅。
そのうえ、お土産におにぎりを3個ほど貰って帰ってきました。
嬉しいです。
これで、明日の朝ご飯も買わなくて良いではありませんか!
結果的に、2食分の節約になりました。
別に、節約生活を心がけてもいないけれど。

あ、そういえば、某企業のあまりもので、アセロラビタミンCももらったんだった……。
今日は、色々と食べ物を恵んで貰う1日であることよ。


帰ってきてニュースを見たら、いきなりホリエモンが逮捕されていました。
びっくり。
ニュースも、全部堀江容疑者になっている!←当たり前。
逮捕するにしても、もっとゆっくりと周りを固めてからだと思っていたのに……。
東京地検特捜部が指揮を執っている、ということは、きっと起訴できる算段もあるんだろうなぁ。
明日あたり、すぐに送検→起訴でしょうか。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月22日

引き続き、HTML整理

……をしようと決意しつつも、まだ手を付けていません。
皆様におかれましては、どのページに修正の手が入ったのか、分かったでしょうか?
ヒントは、「線」と「リンク」です。

そろそろ、違うHTMLエディタで、トップページの作り直しをしようかと思っています。
うまく行けば、だいぶ軽くなると思います。
今は少々重いのですが、良く見てみると、余分なタグが沢山……。
今は優秀なエディタが出ているし、わかりやすいHTML講座をやってくれるサイトもあるし、何とかなるでしょう。
現在のトップページは、とにかくやっつけ仕事で作ったため、かなりシンプルなデザインになっていますが……もう少し、華美にしても良いかな、と思ったり。
シックでミステリィサイトにふさわしそうな壁紙を置いているサイトを知っている方、是非教えてください。
でも、どちらかというと、シンプルなデザインの方が好きなんですよね〜。

読書面では、現在は澁澤龍彦氏の『秘密結社の手帖』と乙一氏の本を同時進行で読んでいます。
母親が買ってきた『博士の愛した数式』も読まなければなりません。
忙しいです。
でも、読む本がたくさんあるのは、幸せですハートたち(複数ハート)
posted by ayako at 22:13 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月21日

楽しいHTML

今日は比較的暇だったので、一念発起、ついに我がMAMのHTML整理に乗り出しました。
とりあえず、トップページは避けて、某ページからスタートです。
よ〜くソースを見てみると、無駄なダグの宝庫でした。

結局、どうもyahoo!のHTMLエディタではうまくいかないので、違うやつをダウンロードしてきて、整理すること約2時間。
何とか、綺麗になりました。
それを、意気揚々と元のページに貼り付け、保存してみると……。
何故か、またしても無駄なタグが増えている!!
一体どうなっているんだ、yahoo!のシステムは??
何度削除しても、何故か復活するタグがあるのです。
それでも、だいぶ綺麗にはなったので、もう諦めました。
これだからyahoo!は嫌なんだよ、ほんと(←ここは他の会社のブログだと思って、悪口言い放題)。

今回はHTMLの整理に徹したので、ブラウザ上で見る分にはほとんど変化はありませんが、あるページがほんの少しだけ見やすくなっているはずです。
正直言って、ひとつのページだけで、もう力尽きました……。
そのうち、必ずやトップページを綺麗にして見せます!
でも、大変そうだなぁたらーっ(汗)
今から弱気です(笑)
posted by ayako at 23:40 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月20日

ライブドアは大変だ……。

ライブドア、大変な事になっていますね。

<ライブドア>4日連続ストップ安 時価総額は4日間で半減

毎日、わくわくしながらニュースを見ているわたくしでございます。
中には、強制捜査の4時間前にライブドア株を1億円分買った、という個人投資家さんもいたりして、ああ不幸だなぁ、もうただの紙切れね、と「人の不幸は密の味」で楽しんでいる訳です。
実際、ライブドアの影響って怖いですよね。
世界で2番目に大きな規模の東証の取引を停止させてしまうのですから。
まあ、その程度で倒れる東証のシステムの方が悪い、という見方もありますがね(←だから○士通はダメなんだ、とか言ってみる)。

そうそう。
『秘密』読み終わりました。
普通に面白かったです。
ひがぴょん、こういうジャンルの作品書くのうまいじゃん、と少し見直してしまいましたよ。
ミステリィ的要素はほとんどなく……どちらかというと、感動物語でした。
バス事故に巻き込まれた妻と娘がいて、妻は死亡、娘は生き残ったのですが、何と娘の中に妻の魂が!
そこから、妻(外見は娘、11歳)と夫との、奇妙な生活が始まる、と。
更に、事故を起こしたバス運転手が、何故事故を起こしてしまったのか等、他のエピソードも絡んできて、最後は一応ハッピーエンド(?)になるのでしょうか。
たしか、映画化された時の主演は広末涼子でした。
う〜ん。広末かぁ……。
まあ、良しとしましょう。

他にも、母のリクエストにより、『白夜行』を買ってきました。
分厚いです。
しかも、表紙がドラマ用に山田某と綾瀬はるかの写真になっていて、萎え〜(-_-;)
せめて帯にしろよ、集英社むかっ(怒り)
posted by ayako at 23:17 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月19日

みんな、勤勉だなぁ。

今日もバイトで6時半起き……のはずが、寝坊して目が覚めたのは7時(笑)
ちょっと危なかったけど、何とか遅刻せずに済みました。
ところが、他の人もけっこう疲れが出ているみたいで、みんな眠そうだったり、遅れてきたり。
朝が早いのって、大変です。

大学3年生の就活は、もう本格的に始まっている感じですね。
私が今やっているバイトは、就活中の学生をよく見るお仕事なのですが、みんな雪の中、きちんと来ていて偉いなぁ、と思ってしまいます。
ていうか、自分の将来の仕事を求めて来ているのだから、当たり前か(-_-;)
でも、女の子達が雪の降る中、きちんとスカートをはいてパンプスで来ているのを見ると、ちょっとだけ可哀相になってしまいます。
別にパンツスーツでいいじゃん。
私も何度かやったから分かるけど、パンプスの中に雪が入ってきて、冷たいの何のって……。
あれは、ある意味自分虐めですよ。
それくらいやらなきゃ、民間就職の道は開けないのか?

もう一つ、企業の皆様が、妙に腰が低かったりします。
あんた方、学生を選んで使ってやる立場だろうに……。
たま〜に、妙にふてぶてしい所もありますが、そういう所は大抵、学生も沢山集まる人気企業なのでしょう。もう、黙っていても優秀な学生が集まってくるから、態度がでかいに違いない!
しかし、ほとんどの企業の人事さんは、交通ダイヤも乱れまくって、しかも着いてもこんな雪降る寒い所なのに、わざわざ3時間ほど説明会を開くためにいらっしゃっている訳で……ご苦労様です。
だが、某企業C、いくら人○課長だからといって、パソコンとパワポもろくに使えないうえに熱を出しているロートルを寄越すな!
あそこは、きちんと説明会を開けたのか……?

そうそう。
昨日、友人とトルコ料理のお店に行きました。お店の人はたぶんトルコ人。
以外と美味しかったです。
剣のようなものに、ハンバーグ風のお肉を巻き付けて焼いてありました。大胆。

P1000023.JPG
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月18日

ひがぴょん、おめでとう♪

東野圭吾さんが、『容疑者Xの献身』で直木賞を受賞されたらしいです。
ひがぴょんにしては随分とましなタイトルだし、内容もトリックも面白かったので、今回は妥当な結果だと思います。
おめでとうございます。
別にファンではないけれど(おいおい……)、彼の受賞は心から嬉しい私です。
何故ならば……。
ふふふ♪
私、今まで色々な本を読んできましたが、直木賞受賞前に受賞作品を読んだのは、初めてなのですぴかぴか(新しい)

ひがぴょんは、現在『白夜行』がドラマ化されているし、ミステリィ関係の賞は総なめだし、これで直木賞も受賞した訳で、現在イケイケな作家さんです。
きっと、これからはコアなミステリィファン以外にも注目されるのでしょう。
そんな中で、『容疑者Xの献身』の結末を知っている優越感!
しかも、トリックは解決編の前に90%以上見切ったし(笑)
ああ、何て嬉しいのでせう。
↑ちょっと性格悪いか……?

現在は、ひがぴょん直木賞候補になること6作目でついに受賞記念として、『秘密』を読んでいます。
ちなみに、これも数年前に映画化されていたなぁ。
半分ほど読んだところだけれど、けっこう面白そうです。
でも、特に好きではありません(←なら読むな!)。
何というか……。
ひがぴょんって、どんな作品を書いても、視点に(というか立場が?)「ハードボイルド」な所があるような気がするのですよ。
私は基本的に、(特に男性が主人公の)ハードボイルドは、男性が「どう?ハードボイルドな俺ってカッコいいだろ?」と自己陶酔するための小説だと思っています。
決定的に、女性向きではないです。
基本的に男性寄りの思考回路な私ですが、男性のハードボイルドは理解できません。
だから、ひがぴょんの語り口に、拒否反応を示すのでしょう。
アイディアは、けっこう好きなんだけどなぁ……。『ゲームの名は誘拐』とか。

大体、今回の受賞にしたって、選考委員のなかで「人物が描けてない」点でかなりの論争になったらしいですよ(笑)
特に、女性描写が苦手との噂。
私は、個性的なキャラ(御手洗さんとか犀川先生とか……)が大好きな人間なので、その点でもひがぴょんに魅力を感じないのでしょう。
『容疑者X』の探偵役の湯川だって、「メガネ、物理バカ、インスタントコーヒーが薄い」くらいのイメージしかないし。
posted by ayako at 17:26 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書

2006年01月17日

色々と大変なことに……。

気が付いたら、ライブドア@ホリエモンと小嶋社長@証人喚問と宮崎被告の死刑判決が……。
記事はまとめてYahoo!トピックスでどうぞ。
今日は、大変な1日ですな。

まずは朝。
今日はバイトがあって、めずらしく6時半に起きました。
ぼーっとテレビのニュースを見ていると、7時くらいから堀江社長の会見が始まってびっくり。
昨夜から続く強制捜査がひと段落したところで、会見を開いたらしいです。
思うに、東京地検はかなり前からライブドアに目をつけていたのでしょう。一説によると、内定調査を始めたのは去年の秋だとか(←あまり前ではないか?)。
そもそも、ライブドアって、一体どういう実体の会社なのか、いまいち分からなくて、前から不思議だったのです。
実際は、M&Aを繰り返さないと利益を出せない体質だったとか。
そういう経営方針に無理があったのではないでしょうか。

ヒューザーの小嶋社長の証人喚問は、バイト中で見られませんでした。
家に帰ってから、ニュースでちらっと見たのですが、あれは何ですか?
相次ぐ証言拒否と、補佐人との相談って……。
証人喚問に来た意味ないじゃん。
自分の保身が大事なのは分かりますが、姉歯さんのようにぶっちゃけちゃった方が楽しいのに。
もう、失うものは「前科なし」の経歴くらいでしょう、彼の場合。
ていうか、かえって偽証しちゃって、とりあえず偽証罪で逮捕されそうな感じになってますから〜!残念っ!!(←懐かしい……)

最期は、宮崎被告の死刑判決ですね。お、藤田宙靖先生の担当だったのか。
被害にあった女児って、確か私と同年代の子達だった気がします。実は人ごとじゃないです。
それは置いておいて……。
この事件の争点は、ひたすら「彼には責任能力があったのか」ですね。
私は、別に責任能力を認めてもいいと思いました。
態度がちょっとおかしい感じだけど、ただ現実逃避してるだけじゃん、とか思ったり。
犯行態様を見るに、責任能力が欠如していたとは思えません。
精神疾患があるかどうかと、責任能力の問題は、完全にパラレルではないですし。
だいたいですね、幼い子供をターゲットにした凶悪犯罪は、明らかに宮崎被告の影響なのですよ。
奈良女児誘拐殺人事件の小林被告だって、「第2の宮崎勤として名前が残って欲しい」とかおっしゃっていたらしいし。
それだけ、影響のある事件を起こしてしまった訳ですよ、彼は。
それなりに、責任をとって貰わないと困ります。
死刑制度がいけない云々は、また別次元の問題ですな……。
posted by ayako at 00:00 | | Comment(2) | TrackBack(0) | 記事

2006年01月16日

いざ郵便局!

毎日、体調不良の話で恐縮です(笑)
昨日の夜、いきなり頭痛に襲われ、眠りたくても眠れない、という非常に辛い状態に陥りました。
たぶん、T○E○C試験ではしゃぎすぎたせいでしょう。
結局、眠れたのは明け方でした。
朝、目覚まし時計をセットした時間に起きたものの、極度の睡眠不足は体に良くない、と判断して、1限の授業は自主休講にしてしまいました(汗)。
ただの言い訳です、はい。

そんなこんなで、今日は1日だらだらと過ごそう……と思ったのですが。
良く考えると、出さなければならない郵便物が1つ。
切手も貼らなければならなかったので、近所の郵便局まで行きました。
うちの近所の郵便局は、とても小さいです。切手の自動販売機が置いてありません。
なので、中に入って、係りの人にくださいな、と言わなければならないのですが……。

私:「すみません〜(←喉が痛いため、消え入りそうな弱々しい声で)」
郵便局員(♀):「ちょっと待ってくださいっ(-_-メ)」


いきなり、不愉快な対応をされてしまいました。
どうやら、彼女は年賀状の処理をしていたらしいです。
別に待つのは構いませんが、その言い方がふてぶてしくて嫌な感じでした。
こっちは、風邪をひいていて、声を出すのも辛いんだよっ(怒)
これからおばさんは嫌なんだ。

その後、恐らく偉いであろうおじさん局員(おどおど系)が私の対応をしてくれて、無事切手を買うことができたのですが……。
どうも、釈然としません。

ここで私は、MLAで森博嗣さんがおっしゃっていたことを思い出しました。

「郵便局とか大学の事務とかよりも今や区役所の方がサービスが良いし、てきぱきしている」

まさに、その通りです。
大学の事務は、少数の例外を除いて、非常に対応が悪いのです。中には、明らかに先生と学生を差別して対応している人までいるし。
郵便局は、言うに及ばず。
そういえば、去年の夏に、荷物を受け取るのに散々苦労した事もあったなぁ。おかげで私は、道警本部まで直接書類を届けに行くはめになりましたよ。
それもこれも、不在通知が入っていたから昼(ほぼ正午)に電話したら、郵便局の人が夕方にならなきゃ届けられない、とか言いやがったせいです。
民間の運送業者は、そこまで酷くないと思うのですが、どうでしょう?
最近はクロネコさんもふんどしさんもメール便とかやっているし、もう郵便局は使いたくないです。
もっともっとサービスの質の向上、そして他の業者との差別化を図らなければ、そのうち、誰も郵便局なんて使わなくなるかも知れませんね。
posted by ayako at 20:13 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2006年01月15日

工学部潜入!〜 夜のトイレは怖すぎる 〜

今日はTから始まる、某国際系英語試験を受けてきました。
会場は、H大の工学部。
人生2度目の、工学部潜入です(←1回目は、教養時代にレポートを提出しに行った)。
相変わらず、巨大。場所取りすぎ。
そして、奥に行けば行くほど古いです。
幸い、私の試験室はあまり奥ではなかったのですが、もうトイレが怖い、怖い。
めちゃくちゃ古くて、どこからともなく水の流れる音が響いてきて、絶対に夜には行きたくないです。

それはさておき。
試験では、本人確認とカンニング防止策が厳しすぎでした。
まず、受験票に自分の証明写真を貼らなければなりません。
それプラス、写真付きの身分証明書がないと、試験を受けられないのです。
まあ、高得点を取っておけば就職に有利だし、出世がかかることもある試験ですからね〜。
捨て身の替え玉受験をする人がいるのでしょう。
逆に言えば、「写真付きの身分証明書」を偽造できれば、いくらでも替え玉受験できることになります。
ニンベン師の皆様、あそこには顧客が沢山いますよ!!

そして、カンニング防止策(及びリスニングテストの邪魔にならぬよう)として、携帯電話の電源・腕時計のアラームを切っていることを確認するため、机の上にそれらの品を出し、試験官がチェックして歩くのです。
公務員試験(厳しそうな警察含む)や大学受験でも、そこまでやりませんでしたよ。
一体何を考えているんだ、某団体(←主催の団体名を知らない)。
韓国の大量カンニング事件を警戒しているのか?

私は、今回思いつきで受験してみただけなので、自己資本約6600円以外にかかっているものはありません。
気楽でした。
でも、昇進がかかっているおじさまとか、きっと切羽詰まっていたんだろうなぁ(にやり)。
私の試験室は、若い学生風の人ばかりだったけれど。


『レタス・フライ』は、「ラジオの似合う夜」を読み終わり、我慢できずに「刀之津診療所の怪」に手を付けています。
西之園家(及び佐々木家)の富が怖いです。
一体、いくつ別荘を持っているのか……?
posted by ayako at 17:21 | ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月14日

声は回復か?

昨日から今日にかけて、死んだように眠りました。
身体はちょっとだるいものの、一応熱も下がったようです。
梅のど飴のおかげで、声もちょっと回復しました(←突発的に独り言を言うことにより検証)。
やはり、昨日ゼミを休んで正解だった模様。
一応発表者に当たってはいたのですが、私が抜けても、影響はほとんどなかったはずです。
同じグループの皆様、申し訳ありませんでしたm(_ _)m
でも、私ももう年だし、無理はできません。

『レタス・フライ』は、最初の短編「ラジオの似合う夜」を途中まで読みました。
この主人公の「私」って、間違いなく○○○さんですね。
舞台がどこなのか、そしてX・Jさんが誰なのか、気になるところです。

家に閉じこもっていると気になるのが、灯油代です。
昨日の日記にも書きましたが、単価がリッター77円って!!
先月よりも6円上がっているじゃないですか!!!
寒波の影響で、灯油高は続くとニュースでやっていました。
政府は「出産費用の無料化」とか考えている場合じゃなくて、「原油高の解消」を考えるべきです。
病気の貧乏学生には辛い出費ですよ、まじで。
しかも、金正日は中国に行くし。関係ないか(←「きむじょんいる」と打つと一発変換されて、ちょっと驚く。ATOK凄いぞ)。
posted by ayako at 17:58 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月13日

魅惑の♪ハスキーヴォイス

朝、体温を計ったら、37.7℃でした。
ついに発熱です。
子羊のようにプルプルと震えながら、それでも学校へ。
それもこれも、知財が出席をとるからいけないのですよ(←微妙にたむたむ批判か?)。
でも、家よりも教室の方が温かいし(←灯油単価が77円/lなのも影響していたり)、面白いお話も聞けたので、まあ良しとしましょう。

3限まで耐えたものの、やはり体力が……。
声も素敵なハスキーヴォイスになってしまいました(-_-;)
もう、友人にビックリされましたよ。
薬の効果もあって、熱は37℃ちょっとまで下がっていたのですが、大事をとってゼミはお休みしました。
こんな状態で10時オーヴァとかされたら、たぶん高熱でぶっ倒れます。

帰りに、食料と風邪薬を仕入れるついでに、書店に寄って、『レタス・フライ』を買ってきました。
まだ棚に並んでいなかったので、店員さんに聞いたら、ワゴンから出してくれたのです。
聞いてみるものですね。自分の声が変で、恥ずかしかったけど。
でも、具合の悪い時って、どうも活字を読む気力まで失せるらしく、ほとんど読んでいません。

ゆっくりと眠って、早く風邪を治したいです。
来週からバイト三昧だし(←結局は金なのか?)。
posted by ayako at 00:00 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月12日

違法性の錯誤めっ!!

昨日の夜、薬を飲んで寝たものの、やはり喉が痛いです。
どうやら、本格的に風邪をひいた模様。
やはり、この時期は私にとって鬼門なのか……?←去年も風邪でダウンしている。

しかし、幸いなことに発熱はないため、急いでゼミの準備@レジュメ作りです。
まあ、打ち合わせ通りに作るのなら、あまり詳しい内容の物はいらないし、比較的楽です。
パソコンゲームで遊びつつ(←?)、3時間程でさくさくと作ってしまいました。

ところが……。
作っているうちに、やはり気になってくる「違法性の意識」!
思えば、前期も違法性の意識に関してゼミ発表するため、うちの大学のN井先生の研究室まで質問しに行ったものでした(遠い目)。
何度やっても分からない。これが、違法性の意識というものなのです。
今日一日は引きこもることを決めていたのですが、仕方がありません。
結局、参考図書を読むため、大学の図書館へ。
非常に勉強になりましたが、風邪が悪化したような気がするのは、気のせいでしょうか?
ていうか、気のせいであってくれ!!
明日は発表なのに……。
喉が痛くて、古畑任三郎みたいな話し方になってしまうではないですか。
posted by ayako at 23:49 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 刑法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。