2007年02月12日

国民の祝日に関する法律〜建国記念の日編

更新は、忘れた頃にやってきます。
2ヶ月ぶりですね(笑)

さて。
今週末は、2月11日が建国記念の日だったせいで、月曜日が振り替え休日となり、見事3連休でした。

早速ですが、我が愛する「国民の祝日に関する法律」によると、建国記念の日は

建国をしのび、国を愛する心を養う

日だそうで、私は何をしていたか、というと……。
某酒蔵で日本酒の試飲をしていました。
一応、国を愛する心は養えたかと。
ちなみに、建国記念の日はどういう意味を持つのか、というと、明治2年に「古事記」や「日本書紀」の記述をもとに、神武天皇の即位した日とされる1月29日を祝日と定めたが、翌年明治3年に祝日の名前を「紀元節」とし、何故か日にちも2月11日に移したみたいです。
意味が良く分かりませんが……。
高田崇史さんの『QED』シリーズを読んだせいで、ほぼ確実に鬼の子孫である私は、こういう休日は素直に祝えません。
もちろん、節分もですが。
「鬼は外」なんて、酷すぎる(涙)
posted by ayako at 23:18 | ☁ | Comment(12) | TrackBack(0) | 法学

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。