2006年08月21日

決勝戦(再試合) 駒苫VS早実

という訳で、決勝戦、37年振りの再試合です。
昨日の私の予想通り、駒苫の先発は菊池君、早実の先発はハンカチ王子こと斉藤君になりました。
ハンカチ王子、連日連投で疲れが出てくるか、と思いきや……。
めちゃめちゃいいピッチングじゃないですか!
これは、駒苫が点数を取るのは非常に難しいので、何としても点数を取られてはならない、と思ったのですが……。
いきなり1,2回で点数取られてるし。
駒苫の方は、予想よりも早くエース田中君が出てきて、これまた力投。
しかし、フォアボールを出すなど、ハンカチ王子ほどの完璧なピッチングはできません。
まあ、仕方がないですけどね。
ハンカチ王子が凄すぎですよ。

結局、6回の表に駒苫が1点を返したものの、その裏でまた取り返されて1−3に。
さらに、7回にフォアボールでランナーを出し、次のバッターがタイムリーヒットを打って、1−4。
これはこのまま負けるだろう、と思いました。
でも、それはちょっと悔しい……。
と思ったら、9回の表で2番三木がヒットを打って出塁、続く中沢が2ランホームランを打ち3−4!!
これで負けても本望だと思ったら……やはり負けました。
本間君が明らかにボールのスライダーを空振りするからです(←でも、試合が終わって号泣するくらい悔しかったみたいですね)。

まあ、これまで2回も甲子園で優勝しているから、もう準優勝でも良いのです。
早稲田実業は、百数年越しの悲願達成ですからね。

2006年08月20日

決勝戦 駒苫VS早稲田実業

大方の予想通り、決勝は早実との闘いになりました。
まさか駒苫が勝つとも思いませんでしたが、早実の方は、もう文句なしの優勝候補ですからね。
特に、エースの斉藤君(以下、ハンカチ王子)の投球が凄いです。

で、試合の方ですが……。
こんなにハラハラした試合は初めてでした(-_-;)
(駒苫の先発は菊池君でしたが)両エースの力投により、全然点数が入らない。
やっと試合が動いた8回にも、両チーム1点ずつ入れただけ。
そのまま、ず〜〜〜と試合は動かず。
延長15回ですよ!
再試合ですよ、再試合。
もう充分ハラハラしたのに、これ以上ハラハラドキドキしろと。
ほんと、心臓に悪いです。

というわけで、明日、月曜日に再び決勝戦ですが。
ああ、有給を取っておいて良かった♪
じゃなくてですね。
また、両エースが投げるのでしょうか?
駒苫は、たぶん岡田君か菊池君を先発に使うとして……。
早稲田実業は、そのままハンカチ王子でしょうか?
もう、4連投ですよ!
肩が心配です。

2006年08月19日

準決勝 駒苫VS智弁和歌山

今週末は、北見の叔母(帯広から北見に引っ越しました)の家に来ています。

自分の家には大きな液晶テレビがあるのですが、仕方がなく叔母の家にある小さなテレビで試合を鑑賞。

智弁和歌山、打線が強いとのことで、警戒していたのですが、田中君の調子も良く、打線も智弁和歌山以上に打って、見事勝利!
さすが駒苫です。

今回の試合、先発は田中君ではなく、菊池君でした。
決勝に行けば、間違いなく田中君が沢山投げなければならないので、先発は違う選手で行くと密かに予想していたのです。
私の予想がズバリ的中して、非常に嬉しいです。

2006年08月17日

甲子園準々決勝 駒苫VS東洋大姫路

一言で表すならば、「あら、勝っちゃったの?」という試合でした。
中盤まで全然打てず、しかも4点とられて、今度という今度は負けを覚悟しました。
3点目までは許せるけど、4点目はいかんですよ。
悪送球って、あなた!
なのに、いきなり6回で同点に追いつき、7回で勝ち越しの1点をとり、そのまま逃げ切り……。
逆転勝ち、という所にスリルはあったものの、心臓に悪すぎです……。
ほんと、何度見るのを止めようと思ったことかあせあせ(飛び散る汗)

それにしても、あれですね。
今年のチームは、守備のミスが多すぎです。
去年なんて、内野安打はほとんどあり得なかったのに。
それに、一度グラブに入れたボールは、絶対に落としませんでした。
今年はポロポロ落としてますよね(笑)
去年の夏の優勝から、色々と問題があったので、落ち着いて練習できなかったのは分かりますが……。
しかしですね。お姉さん的には、安心して見られるので、守備の上手なチームの方が好きです。
何点取られても、取り返せばいいや、という野球は嫌です。
草野球じゃないんだから……。
でも、今年は、全体的にそんな風潮があるような気がしますね。
甲子園大会でのホームラン数記録、更新しちゃいましたし。
ああ、燻し銀の守備はどこへ行ったのか?

準決勝は、智弁和歌山戦です。
今日の帝京戦で、ずっとリードしていたのに、9回表の大量得点で逆転され、しかし9回裏で逆転し返して勝つ、という死闘を繰り広げたチームです。
いい加減、駒苫も負けるのでは?と予想しています。
そして、優勝するのは早実ではないかと。
私の予想が当たったら、誰か何かくださいプレゼント

2006年08月16日

甲子園3回戦 駒苫VS青森山田

駒苫すげ〜!

と、昨日は興奮のあまり、熱闘甲子園を見てすぐに眠ってしまいました、今晩は。

昨日の甲子園第1試合。
駒大苫小牧vs青森山田でしたよね。
またしても仕事中だったので、とても口に出しては言えないような方法で(キャッ)試合を観戦致しました。

まずは、先発が田中君ではないことにビックリ。
その上、序盤で6点差を付けられてしまい、2年振りくらいに甲子園での負けを覚悟しましたが……。
そこはさすが駒苫。
最後の最後にやってくれましたね♪
3回途中で田中君に変わってからは、大量失点もなく、打線はコツコツと点数を重ね、8回にはついに同点!
9回には、中沢くんのホームランに田中くんのヒット、そして三谷くんのタイムリーで逆転!!
一緒に観戦していた上司が6回くらいに、「8回で同点、9回でサヨナラ勝ち」とシナリオを立てていましたが、まさにその通りになってしまいました。
年の功って、バカにできません。

明日はついに、準々決勝です。
私はまた普通に仕事があるので、とても口に出しては言えないような方法で観戦することでしょう。
でも、11時スタートだから、途中で昼休みも挟むし、少しは大っぴらに騒げるでしょうか?
そろそろ、負けても悔いはありません。
さすがに3連覇は無理でしょうから。

2006年08月10日

甲子園2回戦 駒苫VS南陽工

ついに、この季節がやってまいりました!
甲子園です。
高校球児たちの、高校生活の全てを賭けた熱い闘いです。
ついでに気温も高くて暑そうです。
それは置いておいて……。
例によって、私は地元の駒大苫小牧高校を応援しますよ。
そして、今日、山口県代表の南陽工との2回戦が行われました。

駒苫の公式戦連勝が45に/夏の甲子園

もちろん、仕事中ですが、口に出しては言えない方法で試合は観戦致しました(キャッ)。
そして、駒苫勝利!
しかし、今回は、素直に喜べません。
エースの田中君の調子がいまいちだからです。
とにかくコントロールが悪い!
特に、決め球であるはずのスライダーが全然ダメだったようですね。
去年のように、ストライクが気持ちよくバシバシと決まってくれれば、いいのに……。
もちろん、私は野球の事なんて全然知りませんし、口で言うだけならば、いくらでも何でも言えますからね。
本人には、本人の事情があるのでしょうし、いつでも完璧なピッチングができるはずはありません。
それにしても、去年の松橋君の姿がダブって見えて、非常に不安になったのでした。

とにかく、次の試合で、田中君の調子が戻りますように……。

バッティングに関しては、南陽工が2番目のピッチャになってから全然ヒットが打てない時がありましたが、ここぞと言うときにはばっちり点数を取っていたので、まあ合格でしょう(←何が?)。

このまま、駒苫が勝ち続けるようでしたら、去年と同じように専用のカテゴリを作ります。
ああ、作れたらいいなぁ。

P.S.
今日の本屋さんでの収穫。
『蹴りたい田中』 田中啓文
内容は良く分かりませんがとにかくふざけた本だと思います。発売当初は、「茶川賞受賞」という帯が付いていたはず。
ずっと欲しくて探していたのですが、まさか近所の本屋さんにあるとは。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。